読書会は最高の自己投資

お金も同じですが、時間の使い方には3種類しかありません。その3種類というのは、1つ目が消費、2つ目が浪費、3つ目が投資です。そして、読書会は時間の使い方の中でも最高の自己投資

と言えると思います。

ちなみに、皆さん、消費、浪費、投資の違いを明確に分かりますか?

まず、消費の意味ですが、消費とは生きるために必要なことに時間を使うことです。例えば、睡眠や食事のために使うことを消費といいます。消費という時間の使い方は何か将来に大きなリターンを得られるものではありません。しかし、消費をしないと生きていけないので、ここに時間をかけないと将来を失います。(というか、生きていけないです。)

次に、浪費の意味です。浪費というのは生きていくのに不要なことに時間を使うことです。そして、消費と異なる点は、将来に何もリターンが生まれないだけでなく、生きていくのに不要である時間の使い方を言います。このように書くと、本当に無駄なように聞こえるかもしれませんが、その通りです(笑)。浪費というのは、時間を無駄にしていることなのです。ちなみに、食事や睡眠もある一定の範囲内であれば消費になりますが、過度なものは浪費になります。

最後に、投資の意味です。投資というのは将来にリターンを生むことに時間を使うこと

です。ただ、投資も生きていくのに必要なことか?と問われれば、必須ではないです。ここが投資の難しい点だと思います。生きていくのに必須のことではないがために、意識的に行わないと投資をすることはできません。

そのため、気づいたら投資をしていたということは起きません。ただ、将来にリターンを生むことですので、コツコツとでも自己投資を続けていれば、5年後、10年後になると人生に非常に大きな変化を生みます

。自己投資をしてこなかった場合と比べると、本当に大きな差が出ています。

そして、読書会は投資の中でも最高の自己投資の時間だと思います。ぜひ、皆さんも一度その最高の自己投資を体感してみてください。

【サイト内のコンテンツの転載を禁止します】