09月26日(土)開催!20代読書会@オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
zoom

今回は「ホワット・イフ」がMVP賞でした。

ランドール・マンローのウェブサイト”xkcd”に集まってくるのは、ありえないけれど実際どうなるのか気になる、そんな質問の数々。

そんなトンデモ質問に、元NASAの経歴をもつコミック作家が、豊富な科学知識と調査能力、そしてたっぷり―のユーモアとイラストで答える!

誰かに話したくなる、世界一の科学の質問箱です。

  • 野球のボールを光速で投げたらどうなるか
  • いろんな時代のニューヨークを見てみたら
  • レーザーポインターで月の色を変えられる
  • 上空から肉を落としたらステーキができる?

開催報告:20代読書会in東京

日時:09月26日(土)09:30-12:00

参加者:6名(男性:3名、女性:3名 初参加:1名、リピーター:5名)

MVP賞

ホワット・イフ

ホワット・イフ

ランドール・マンローのウェブサイト”xkcd”に集まってくるのは、ありえないけれど実際どうなるのか気になる、そんな質問の数々。そんなトンデモ質問に、元NASAの経歴をもつコミック作家が、豊富な科学知識と調査能力、そしてたっぷり―のユーモアとイラストで答える!誰かに話したくなる、世界一の科学の質問箱です。

  • 野球のボールを光速で投げたらどうなるか
  • いろんな時代のニューヨークを見てみたら
  • レーザーポインターで月の色を変えられる
  • 上空から肉を落としたらステーキができる?

紹介された本

ムダの片づけ方

ムダの片づけ方

ムダな「考え」「物」「人」「行動」を捨てると、真に大切なものが得られる!

私たちの人生は、すぐに余分な「モノ、人、コト」で溢れかえってしまいがちである。

貴重な命の断片である時間をムダなことに費やすのは、まさしく「命の無駄遣い」になってしまう。

ムダなものを捨てる力をつけることは、自分の人生において真に必要なものを見極める力をつけるのと同じことになり、有意義な人生を送ることにつながることになるのだ。

あらゆるムダを削ぎ落とすことによって、あなたの人生は激変するだろう。

「面白い」のつくりかた

「面白い」のつくりかた

ウケるプレゼンをしたい。斬新な企画を考えたい。人の心をつかみたい。

誰もがそう思うけれども、そう簡単にはいかないもの。どうすれば「面白い」と思ってもらえるのか。ポイントはどこにあるのか。

「安易な共感を狙うな」「アイディアは情報の蓄積から生まれる」「人と会う前に学習せよ」――長年、テレビ番組制作者として、ひたすら「面白い」を追求してきた著者がそのノウハウ、発想法を惜しげもなく披露した、小手先のテクニックを超えた全く新しいアウトプット論。

LOVE理論

LOVE理論

女性からも「使える! 」と絶賛された、男のための恋愛マニュアル。「義務教育に、恋愛を!」をモットーに、恋愛に悩める老若男女を正しい恋愛へと導く熱血体育教師・水野愛也が独自に展開する恋愛理論、それが「LOVE理論」。

女が本当に求めている優しさを解説した「うわっつらKINDNESS理論」、出会いを増やすために知っておかなくてはならない「日本代表理論」、そして、女の心と体の秘密を書いた「DK(ディープキス)心変わり理論」などなど、恋愛のあらゆる場面で使える理論が満載。

「笑える! 」のに「実際使える! 」恋愛のノウハウを説いた実用書にも関わらず、最後は感動もあり、女性からも支持・絶賛。

盲目な恋と友情

盲目な恋と友情

タカラジェンヌの母をもつ一瀬蘭花(いちのせらんか)は自身の美貌に無自覚で、恋もまだ知らなかった。だが、大学のオーケストラに指揮者として迎えられた茂実星近(しげみほしちか)が、彼女の人生を一変させる。茂実との恋愛に溺れる蘭花だったが、やがて彼の裏切りを知る。五年間の激しい恋の衝撃的な終焉。蘭花の友人・留利絵(るりえ)の目からその歳月を見つめたとき、また別の真実が――。男女の、そして女友達の妄執を描き切る長編。

命のものさし

命のものさし

捨てられる命、殺処分される命、食べられる命、動物園に展示される命……。

動物の命の「光」と「影」に向き合い続けたひとりの公務員獣医師の目を通して、命の役割とは、命の尊厳とは何かを問う感動のノンフィクション。

ともに戦える仲間の作り方

ともに戦える仲間の作り方

「どうせ自分にはできないんだ――」

夢に向かって行動を起こしたいと思いながらも、心のどこかでブレーキがかかってしまう。

また、実際に動き始めたものの、あれもしなきゃ、これもしなきゃとテンパッてしまい、どうしてもうまくいかない。こうした思いを抱えるすべての人に、「誰かと一緒に事を起こす」、つまり「仲間とともに夢を目指す」という選択肢を提案する本です。

以上、09月26日(土)20代読書会in東京の開催報告でした

20代読書会に申し込む

20代読書会は、年間1,000人以上が参加しています。東京で最大の読書会です。毎週開催しており、読書好きが集まって楽しく社外のネットワークを広げています。


申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*