04月30(土):読書会が気になる貴方へ、読書会とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

4月最後の読書会も終了しました。今回は「読書会とは何か?」を解説してみたいと思います。

読書会とは?:読書好きのためのイベントです

読書会とは、読書好きのためのイベントです。通常はSNSやウェブサイトで参加者を募集しており、数名から数十名が参加しています。

読書会の場で何をしているかというと、本について語り合っています。

何の本について語るかは、読書会によって異なります。テーマ本が決まっている読書会もあれば、参加者が自由に本を持ち寄っている読書会もあります。

小説中心の読書会が多く、ビジネス書中心の読書会は少ないです。

また、読書会の参加費は無料から数千円の範囲です。開催頻度は月1回から毎週と読書会によって異なります。

読書会の参加者ですが、20代から50代まで幅広く、コミュニティによって偏りがります。そして、女性が多い読書会もあれば、男性ばかりの読書会もあります。

読書会とは?:暗い会ではありません!!

読書会と聞くと、「暗い」というイメージがあります。多分、「読書」が、シーンとした図書館と結びつくからだと思います。

そして、室内に引きこもってコミュ障な人が集結するオフ会の1種だと思われることもあります。

しかし、これは誤解です。

もちろん、暗い読書会もあると思います。ただ、それはその読書会が暗いだけです(笑)

主催している20代読書会では、毎回とても盛り上がり、笑いに溢れています。

本の紹介をきっかけに仕事からプライベートまで幅広く話が展開します。笑いもあってお互いに仲良くなれて、しかも学びもあるのが読書会だと思います。

読書会とは?:最高の自己投資です

・土日に何もすることがない
・自分は本を読むけど、周りに本の話をする人がいない
・読書をしたいけど、きっかけがない
・社外のことを知りたい

こうした思いを抱いている人は多いのではないでしょうか?

現代は、世界史のレベルで俯瞰しても、かつてないほど変化に富み、また技術革新のスピードの速い時代に突入しています。

合コン、会社の愚痴、上司の悪口に飽きた皆さん、ぜひ読書会に参加してみてください。

読書会って、こんなに楽しかったのか!?」と驚かれると思います。

インターネットが発展して、海外旅行に行かなくても海外の様子が分かる時代になりました。東京であれば、パリに行かなくても一流のフランス料理を堪能できます。

そんな中、読書会は「体験」しないと価値を享受できないライブ・コンテンツです。

読書会の魅力を、ざっと挙げてみます。

1.読書が好きになる
2.話し上手になる
3.読書好きの友達が増える
さらに、
4.朝の時間を有効に使える
5.読書の幅が広がる
6.社外の友達が増える
しかも!
7.転職にも役立つ!

私は、読書会は最高の自己投資だと思います。

それでは、20代読書会への申込を希望する方は、こちら
読書会の開催日を見る

また、20代読書会のニュースレター配信を希望する方は、こちら
ニュースレターを受取る1

20代読書会の開催情報

日時:04月30日(土)09:30-12:00
参加者:21名(男性:15名、女性:6名 初参加:11名、リピーター:10名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:

東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分

20代読書会で紹介された本

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
著者:ちきりん
ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
著者:岸見 一郎、古賀 史健
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

未来から選ばれる働き方
著者:神田 昌典、若山 陽一
未来から選ばれる働き方

運を支配する
著者:桜井 章一、藤田 晋
運を支配する

世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え: 世界の第一人者100人が100の質問に答える
著者:ジェンマ・エルウィン・ハリス
世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え- 世界の第一人者100人が100の質問に答える

声に出して読みたい論語
著者:齋藤 孝
文庫 声に出して読みたい論語

採用基準
著者:伊賀 泰代
20代読書会_採用基準

「原因」と「結果」の法則
著者:ジェームズ・アレン
「原因」と「結果」の法則

物語で読み解くファイナンス入門
著者:森平 爽一郎
物語(エピソード)で読み解くファイナンス入門

日本という方法―おもかげ・うつろいの文化
著者:松岡 正剛
日本という方法―おもかげ・うつろいの文化

20代読書会参加者の感想

知らない本を知ることができる。(28歳・男性)

自分の読んだことない本が多かった。(28歳・男性)

たくさんの本・考え方を知れた。(23歳・男性)

自分が選ばない本を知ることができた。(24歳・男性)

本を通じて新しい考え方に触れられた。(25歳・女性)

学ぶことが多い!自分のいる界隈では決して聞けない話、面白い視点を与えてくれる。(23歳・男性)

自分が普段手を出さないような本の話もたくさん伺えて、興味範囲が広がりました。(25歳・女性)

SNSでもご購読できます。