07月30日(土):黙読は気持ち悪い!?意外な読書の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回も楽しく読書会を開催しました!皆さま、ありがとうございました!

読書のとき、黙読派ですか?音読派ですか?

皆さんは読書のとき、黙読派ですか?音読派ですか?

もちろん、黙読派ですよね。

電車やカフェなど、本を読んでる人は多くいます。

しかし、音読で本を読んでいる人は、見たことがありません。音読している人がいたら、ビックリしますよね(笑)。みんな当たり前のように、黙読しています。

ところが、実はこの黙読が主流になったのは、最近のことなのです。

なんと江戸時代までは、四書五経など漢籍は音読で読まれていたのです。

そして、明治時代になると黙読が主流になったのです。

しかし、黙読がそれほど広まっていない頃には、黙読する人は「何を読んでいるのか分からない」ため気味悪がられたそうです(笑)

いまでは考えられないですよね?

逆に音読している人の方が気味悪がられそうです(笑)

ちなみに、この黙読ですが、西洋でも元々は少数派だったようです。

いまから1600年前にさかのぼりますが、アウグスティヌスの「告白」という書籍があります。

その「告白」の中で、黙読する人がいて驚いたという記述があるのです。

つまり、裏を返せば、当時は読書は音読が主流だったということです。

時代が変わると、こんなにも常識って変わるものなんですね。

それでは、20代読書会への申込を希望する方は、こちら
読書会の開催日を見る

また、20代読書会のニュースレター配信を希望する方は、こちら
ニュースレターを受取る1

20代読書会の開催情報

日時:07月30日(土)09:30-12:00
参加者:26名(男性:17名、女性:9名 初参加:7名、リピーター:19名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:

東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分

20代読書会で紹介された本

運動継続の心理学-快適自己ペースとポジティブ感情
著者:橋本 公雄
運動継続の心理学-快適自己ペースとポジティブ感情

ロジカルシンキング-論理的な思考と構成のスキル
著者:照屋 華子
ロジカルシンキング-論理的な思考と構成のスキル

君に友達はいらない
著者:瀧本 哲史
20代読書会_君に友だちはいらない

堕落論
著者:坂口 安吾
堕落論

数学する身体
著者:森田 真生
数学する身体

14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に
著者:宮台 真司
14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に

ジョコビッチの生まれ変わる食事
著者:ノバク・ジョコビッチ
ジョコビッチの生まれ変わる食事

人事の超プロが明かす評価基準
著者:西尾 太
人事の超プロが明かす評価基準

エリートに負けない仕事術 ~超ブラック企業の元OLが、世界一の外資系企業で活躍するまで大切にしてきた「仕事のキホン」
著者:ずんずん
エリートに負けない仕事術

20代読書会参加者の感想

色々と本の内容を知れて良かった。(27歳・男性)

様々な本、様々な人と出会えるすばらしい会でした。ぜひまた参加したいと思います。(27歳・男性)

自分が知らなかったり、意識していなかった本を知れて面白いと感じました。(30歳・男性)

SNSでもご購読できます。