11月16日(水):一般人のわたしが、年間100冊読む読書術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回も楽しく読書会を開催できました。ありがとうございました!!

今回は、普通の一般人であるわたしでも年間100冊は読書ができる理由を3つにまとめて紹介したいと思います。

1.読書の日をつくる

読書会
まずは、スケジュールに「読書の日」を入れることです。

読書とは緊急ではないが、重要なことです。つまり、読書は必要に迫られることがないため、意識的に読書の時間を作る必要があります。

1週間に1日か2日、平日の夜でも構いませんので「読書」という予定を入れるのです。そうして、家でもカフェでも構いませんので、集中して読んでください。

3~4時間、集中して読書をすれば、意外にも1冊読み切ることができます。

2.読みたい本をストックする

読みたい本を常に3~4冊は自宅にストックしておきましょう。

Amazonのお陰でクリックすれば、翌日には本が届く時代となりました。そのため、読むときに買おう、となってしまいがちです。しかし、それは勿体ないです。機会ロスが発生してしまうからです。

いざ、読もうとしたときに、手元に読みたい本があることが重要です。いま読んでる本が終わる前に、次の本を購入して手元に置いておくのです。

そうすると、空白の期間ができることなく、読書を継続することができます。

3.ゲーム要素を取り入れる

読書会
11/02 疲れない姿勢のつくり方
11/02 フォルトゥナの瞳
11/03 1回きりのお客様を100回客に育てなさい!
11/13 LIFE SHIFT

このようなメモを、手帳の月間予定ページに残しています。そして、毎月量が一目で分かるようにしています。

そうすると、先月の自分よりも多くの読書をしようとモチベーションになります。少なくとも、平均値以上の読書をしよう、という気持ちになります。

その結果、毎月平均値が上がっていくので大変ですが…(笑)

読むこと自体に満足するのは、読書の本質から外れているとは思います。でも、毎日の読書ページ数を測ったり、毎月の読書冊数を記録したりしてゲーム化するのはいいと思います。

それだけでも、読書のモチベーションなるからです。

まとめると、ポイントはこの3点です。

  • 読書の日をつくる
  • 読みたい本をストックする
  • ゲーム要素を取り入れる

以上、わたしが年間100冊読む読書術でした。

それでは、20代読書会への申込を希望する方は、こちら
読書会

また、20代読書会のニュースレター配信を希望する方は、こちら
読書会

20代読書会の開催情報

日時:11月16日(水)19:30-22:00
参加者:13名(男性:8名、女性:5名 初参加:4名、リピーター:9名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:

東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分

20代読書会で紹介された本

企画脳
著者:秋元 康
企画脳

不格好経営―チームDeNAの挑戦
著者:南場 智子
20代読書会_不格好経営―チームDeNAの挑戦

成功している人は、なぜ神社に行くのか?
著者:八木 龍平
成功している人は、なぜ神社に行くのか?

スジ論
著者:坂上 忍
スジ論

できる人の人生のルール The Rules of Life
著者:リチャード・テンプラー
できる人の人生のルール

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である
著者:中島 聡
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

任せる技術―わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん
著者:小倉 広
任せる技術

20代読書会参加者の感想

とても勉強になりました!!今日出た本全部読んでみます。(23歳・女性)

勉強になりました。新しい本を知るきっかけになりました。(29歳・女性)

自分の本だ本について、アウトプットする練習になった。(25歳・男性)

SNSでもご購読できます。