「書くことについて」で、最短で習得する方法を学んだ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
書くことについて

初版:2013年07月10日
出版社:小学館
著者:スティーブン・キング

書くことについては、こんな人にオススメ

1.スティーブン・キングが好きな人
2.小説をもっと楽しみたい方
3.小説家になりたい方

書くことについての内容

1.スティーブン・キングの自叙伝
2.文章の書き方

書くことについてで、最短で習得する方法を学んだ!!

スタンド・バイ・ミー
ブリーンマイル
シャイニング
ショーシャンクの空に
スティーブン・キング
これらの名作小説を書いたスティーブン・キング氏が小説を書く技法を公開してくれました。それが、「書くことについて」という本です。

実は、この本は「小説作法」という翻訳で長らく発売されていましたが、訳が不評だったのです。それが新たな分かりやすい翻訳で2013年に発売になりました。

読書は作家の創作活動の中心にある。

これはスティーブン・キング氏が本書で語っていることです。なぜ、作家の創作活動の中心が読書なのか?の理由を解説してくれている一文がありますので、引用します。

作家になりたいのなら、絶対にしなければならないことがふたつある。たくさん読み、たくさん書くことだ。私の知るかぎり、そのかわりになるものはないし、近道もない。
私は本を読むのがそんなに速いほうではない。それでも、一年に七十冊から八十冊は読む。そのほとんどは小説だ。読みたいから読むのであって、何かを学ぶためではない。たいていは夜、書斎の青い椅子にゆったりと腰かけて読む。繰りかえしになるが、読みたいから読んでいるのであって、小説の技法やアイデアを学ぶためではない。それでも、読めば何かしら得られるものはある。手に取った本にはかならず何かを教えられる。概して優れた作品より、出来の悪い作品からのほうが教わるものは多い。

作家になるためにするべきことは、2つ。1つは、読書。もう1つは、執筆。これがスティーブン・キング氏の教えです。

そして、読書をする理由は、得るものがあるから、とスティーブン・キング氏は語っています。では、一体何が得られるんでしょうか?こんなことが書かれていました。
執筆

学校で習ったとおり、副詞というのは動詞や形容詞やほかの副詞を修飾する単語で、通常は語尾に”ly”がついている。受動態と同様、副詞は臆病な作家が好んで使う。受動態の多用が、靴墨で自分の顔に髭を書いたり、母親のハイヒールをはいてよろよろ歩いている子供のように、まわりの者からまともにとりあってもらえないのではないかという書き手の恐れを示すものだとすれば、副詞の多用は自分の文章が明快でなく、いいたいことがよく伝わらないのではないかという書き手の恐れを示すものと言えるだろう。

さらに、このように続きます。

たとえば、”he closed the door firmly”(彼はドアをしっかりと閉めた)。少なくとも動詞は能動態だし、文章自体に問題はない。が、”firmly”はどうしても必要なのか。もちろん”He clode the door”と”He slammed the door”とはちがう。そのことに異を唱えるつもりはない。だが、問題は文脈である。ドアを閉めるという場面に到までに、かならず何かがあったはずだ(かならずしも情緒的なことではなくてもいい)。そのことがドアをどのように閉めたかを語っていないだろうか。それまでの文章ですでにわかっていることだとすれば、”しっかりと”は余計だ。そんなものはいくらでも削っていい。

ここでは具体的に、受動態と副詞はできる限り使わないほうがいいということを教えてくれています。

この一連の教えは、最短で習得する方法を示していると思います。どういうことかというと、わたしは小説を読んでも受動態や副詞の使い方にはまったく意識が向きませんでした。なんとなく、読みやすい作家と読みにくい作家がいるな、くらいの感想しか持てていませんでした。

それは、皆さんも同じではないでしょうか?

しかし、スティーブン・キング氏の視点は違います。具体的な文章の問題点を指摘しています。なぜでしょうか?

もちろん、それはスティーブン・キング氏が一流の作家だからです。いや、もっと正確に言うと、小説家だからです。

つまり、小説家として他人の小説を読むから、学びがあるのだと思います。わたしは、小説ファンとして小説を読んでいたから、学びがなかったのです。

これは、プロの視点かファンの視点かの違いだと思います。最短で何か習得するには、プロの視点を身につけることが大切です。
甲子園
例えば、プロ野球の中継を思い浮かべて見てください。普通の野球ファンは、中継を楽しんで観ていますが、まさか将来野球選手として活躍できるとは思っていません。しかし、甲子園球児は違います。中継からプロのプレーを学んでいます。そのため、同じようにプロ野球の中継を観戦していても、学び取れることが違います。

これもプロの視点かファンの視点かの違いだと思います。

ということで、読書をするにもセミナーを受けるにも、人の話を聞くにしても、プロの視点でインプットすることが大切だと思います。そうしなければ、学びがありません。

では、どうすればプロの視点でインプットができるのでしょうか?

それに対する答えもスティーブン・キング氏が答えてくれています。作家になるためにするべきことは、何だったでしょうか?2つありましたよね?

1つは、読書。もう1つは、執筆。そうです。アウトプットを行うことです。

野球を実際にプレーすれば、プロ野球選手のプレーを観たときにプロの視点でインプットするこができます。営業の仕事をしている人が、営業本を読んだらヒントを得て営業活動に活かすことができます。これもプロ視点でのインプットになります。

しかし、アウトプットをしたことがない人は、どんなにインプットをし続けても、学びを得られません。あくまで、ファン視点でのインプットに止まります。

つまり、最速で習得する方法は、アウトプットとインプットの繰り返しです。

アウトプットをして初めて、実践的なインプットが可能になります。アウトプットのレベルが上がれば、その分、質の高いインプットが可能になります。

その結果、スティーブン・キング氏は、このようなことを述べています。

本書の核心に迫るための基本命題はふたつある。どちらも単純明快だ。ひとつは、いい文章は基本(語彙、文法、文章作法)をマスターし、道具箱の三段目に必要なものを詰めてく作業から生まれるということ。もうひとつは、三流が二流になることはできないし、一流が超一流になることもできないが、懸命に努力し、研鑽を積み、しかるべきときにしかるべき助力を得られたら、二流が一流になることは可能だということ。

つまり、超一流は才能と努力の世界だ、ということです。しかし、一流は努力の世界であり、才能は関係ありません。ただし、自分が三流でなければ(笑)

自分が二流であることを祈って、努力(アウトプットとインプット)をしていきたいと思います!

書くことについて

初版:2013年07月10日
出版社:小学館
著者:スティーブン・キング

20代読書会に申し込む

20代読書会は、年間1,000人以上が参加しています。東京で最大の読書会です。毎週開催しており、読書好きが集まって楽しく社外のネットワークを広げています。


申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*