お金のIQ お金のEQ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お金のIQ お金のEQ
書籍名:お金のIQ お金のEQ
著者名:本田 健
出版日:2006年9月16日
出版社:サンマーク出版

内容・要約

「お金から自由になろうと心に決めたすべての人にこの本を捧げます」という言葉から始まるこの本は、「お金と幸せ」がテーマになっていて、そのメカニズムを解き明かした1冊です。

印象に残った箇所

「お金に使われるか」「お金を使いこなすのか」
ふだん、周りの人から「あの人は冷静な人だ」と言われている人が、お金のことになるととたんに感情的になることがあります。それはお金が、生きていくことや自分の価値と言った、人間としての根源的な欲求と密接に関係しているからでしょう。
誰でもこういった「お金のストレス」にやられると、自分らしさを失い、一種狂気ともいえる行動をとることがよくあります。
もちろんみなさんは、お金のために物を盗んだり、人を傷つけたり、殺したりすることはないかもしれません。しかし、生活費を稼ぐために、やりたくもない仕事をいやいややったり、人に思ってもいないお世辞を言うなんてことは、おそらく誰でもあることです。
現在のあなたの生活が、どれだけお金に支配されているのかを知らなければ、お金から真に自由になることはできません。
お金との関係は二種類しかありません。それは、「お金に使われるか」、それとも「お金を使いこなすか」のどちらかです。お金から自由になるためには、「お金とは、いったい何か」を見極めることが最初のステップになります。

所感

「お金のIQ=実務面の知識や知恵」と「お金のEQ=お金に関する感性」の2つの知識があれば、幸せな小金持ちになれると著者は書いています。身近なところでは「浪費」と「投資」の違いも分かりやすく書かれていて参考になりました。

20代読書会に申し込む

20代読書会は、年間1,000人以上が参加しています。東京で最大の読書会です。毎週開催しており、読書好きが集まって楽しく社外のネットワークを広げています。


申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*