05月11日(土)開催!20代読書会in東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
05月11日(土)開催!20代読書会in東京

今回は「欲しい」の本質、がMVP賞でした!

人の隠れた心理・本音であるインサイトに刺さる商品を考えることでヒットが生まれる。特に成熟した日本では。

インサイトは無意識であるため、

  • 本人も気づいていない欲求
  • 気づいているが見たくない欲求
  • 気づいているが言語化できない欲求

の3パターンがあります。

たとえば、2014年マクドナルドで顧客アンケートをとると”ヘルシーなメニュー”を望んでいると出ました。ところが、アンケートどおり”ヘルシーなメニュー”を開発しても、まったく売上は上がりませんでした。

逆に”肉”を全面に打ち出したクォーターパウンダーや夜マックを発売すると、売上は回復し、低迷から脱却できたのです。つまり、人のインサイトは”ヘルシーさではなく、”体に悪くてもガッツリ食べたい”だったわけです。

このようなインサイトが「欲しい」の本質では詳細に解説されています。

開催報告:20代読書会in東京

日時:05月11日(土)09:30-12:00

参加者:21名(男性:11名、女性:10名 初参加:4名、リピーター:17名)

MVP賞

「欲しい」の本質

「欲しい」の本質

本人すら気付いていない欲望は、アイデアの宝庫!95%の無意識が、ヒットを生み出す

消費者に直接聞くことで分かるニーズは、既に多くの商品・サービスによって充たされています。

従来の延長線上で、いくらよい商品をつくって、プロモーションしたとしても、消費者は現状で充たされていますので、振り向いてくれません。

これらを解決するのが、人を動かす隠れた心理「インサイト」です。本人すら気付いていない欲望を見つけ出すことで、停滞した現状を打開するアイデアを見つけ出すことができます。

それは、商品、事業、プロモーションなど、 さまざまな段階において有効な武器となります。 本書では、このインサイトの定義、見つけ方に留まらず、どうやってビジネスで生かすのかといった実践までを、豊富な事例とともに解説します。著者が600件以上の案件で培った、そのフレームワーク、メソッドを体系的に公開しています。

売れなくなっている商品を再生したい、イノベーションを起こす商品・事業を開発したい、今までにないビジネスに生きるアイデアを考えたい、といったすべての方へ。本書は役立つ内容になっています。

ヒットを生み出したければ、ニーズを追いかけるのではなく、インサイトを見つけよう。その方法が、この一冊には詰まっています。さあ、イノベーションを生み出すアイデア開発の武器を手に入れよう。

紹介された本

高村光太郎詩集

高村光太郎詩集

世俗的なものとの妥協を排し、不断の情熱をたぎらせて人生の意味を追求し続けた光太郎の詩は、美しいもの、真実なものに対する善意と愛に満ちている。その歩みの中から九十三の詩篇を精選し、「道程」より・「道程」以後・「智恵子抄」より、の三部に編んだ。作者が生前自ら校閲した最後の詩集である。

エネルギー問題入門

エネルギー問題入門

原子力、自動車産業の未来──誰もが無関係ではいられない現代最大の問題=「エネルギー問題」の全体像を名門バークレー校の人気ナンバーワン教授がわかりやすく解説。米国エネルギー省顧問も務める著者が、いま起きつつあるエネルギー革命とその未来を語る!

福岡市を経営する

福岡市を経営する

地方局アナウンサーから史上最年少36歳で福岡市長に就任、逆風のスタートから、いかにして福岡を最強と言われる都市に改革していったのか?

博多駅前道路陥没事故からの復旧や、熊本地震の際のSNS活用方法をはじめとした取り組みで注目を集める高島市長は、まさしく福岡市の“経営”者。そんな彼の経営論・仕事論・人生論が詰まった、初の著書!!

◆福岡市は今、こんなにすごい! ◆

  • 人口増加率は東京を抜いて1位
  • 地価上昇率は東京都や大阪府の約2倍
  • 政令指定都市で唯一、5年連続で税収が過去最高
  • スタートアップ開業率は4年連続7%台(政令指定都市唯一)
  • 国際会議などの開催件数、8年連続政令指定都市中1位

秘密

秘密

運命は、愛する人を二度奪っていく。

自動車部品メーカーで働く39歳の杉田平介は妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美と暮らしていた。長野の実家に行く妻と娘を乗せたスキーバスが崖から転落してしまう。 妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。 その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。 外見は小学生ながら今までどおり家事をこなす妻は、やがて藻奈美の代わりに 新しい人生を送りたいと決意し、私立中学を受験、その後は医学部を目指して共学の高校を受験する。年頃になった彼女の周囲には男性の影がちらつき、平介は妻であって娘でもある彼女への関係に苦しむようになる。
98年度ベストミステリーとして話題をさらい、広末涼子主演で映画化、志田未来主演で連続ドラマ化もされた東野圭吾の出世作。累計200万部突破の伝説のベストセラー。

以上、05月11日(土)20代読書会in東京の開催報告でした。

20代読書会に申し込む

20代読書会は、年間1,000人以上が参加しています。東京で最大の読書会です。毎週開催しており、読書好きが集まって楽しく社外のネットワークを広げています。


申し込む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*