02月01日(土)開催!20代読書会in東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
02月01日(土)開催!20代読書会in東京

今回は「最高の睡眠」がMVP賞でした。

睡眠研究の総本山・スタンフォード大学で長年研究を続ける著者。本書はその日本語による初めての著作だ。「睡眠医学」の最先端を詰め込んだ内容が多くの読者に受け入れられている。

中でも大きな反響を巻き起こしたのが、NHKスペシャルでも取り上げられた「睡眠負債」という概念だ。

スタンフォードの研究者は「睡眠不足」ではなく、代わりにこの言葉を用いる。睡眠時間の短さはその場限りの問題ではなく、累積して恐ろしいダメージを人体に与え、回復するには不足分の何倍もの睡眠時間を必要とする。悪徳金融も驚く高金利の「負債」なのだ。

開催報告:20代読書会in東京

日時:02月01日(土)09:30-12:00

参加者:23名(男性:16名、女性:7名 初参加:9名、リピーター:14名)

MVP賞

最高の睡眠

最高の睡眠

睡眠研究の総本山・スタンフォード大学で長年研究を続ける著者。本書はその日本語による初めての著作だ。「睡眠医学」の最先端を詰め込んだ内容が多くの読者に受け入れられている。

中でも大きな反響を巻き起こしたのが、NHKスペシャルでも取り上げられた「睡眠負債」という概念だ。

スタンフォードの研究者は「睡眠不足」ではなく、代わりにこの言葉を用いる。睡眠時間の短さはその場限りの問題ではなく、累積して恐ろしいダメージを人体に与え、回復するには不足分の何倍もの睡眠時間を必要とする。悪徳金融も驚く高金利の「負債」なのだ。

しかし本書は、飲酒を禁止するなど、現実味のない改善策を読者に求めない。

もともと忙しいビジネスパーソンをターゲットに想定し、『とにかく睡眠時間を確保しましょう』といったおよそ実行できない助言ではなく、比較的試しやすい解決策が満載です。

著者が示すのは、〈黄金の90分〉という入眠直後の睡眠の質に拘るメソッド。入浴等で入眠し易いように体温をコントロール。睡眠前の行動をルーティン化し、脳を興奮させない。科学的な理論に基づくノウハウが丁寧に語られる。

紹介された本

天久鷹央の推理カルテ

天久鷹央の推理カルテ

統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には、各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。河童に会った、と語る少年。人魂を見た、と怯える看護師。突然赤ちゃんを身籠った、と叫ぶ女子高生。だが、そんな摩訶不思議な“事件”には思いもよらぬ“病”が隠されていた…?頭脳明晰、博覧強記の天才女医・天久鷹央が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー。

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

激変する世界、激安になる日本。
出所から2年半、世界28カ国58都市を訪れて、ホリエモンが考えた仕事論、人生論、国家論。

観光バスで銀座の街に乗り付け、〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時、僕たちが感じる寂しさの正体は何だろう。アジア諸国の発展の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまった。
日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくべきか。刑務所出所後、世界中を巡りながら、改めて考える日本と日本人のこれから。

人生の勝算

人生の勝算

お金を稼ぐために始めた路上ライブで、少年は人生とビジネスの本質を知った――。
人は絆にお金を払うと気づいた少年期から、ニューヨークで奮闘した外資系銀行員時代、仮想ライブ空間「SHOWROOM」立ち上げ前夜、SNSのもたらす未来、己の人生のコンパスまで――。
大注目の若き起業家が全力で綴った、魂が震え、涙が溢れるビジネス書。

民主主義のぶっ壊し方

諸悪の根源は民主主義そのもの! さあ、民主主義をぶっ壊して絶対王政を始めよう!
民主主義や憲法はどうやって生まれたのか、どんな問題を抱えているのか。そしてなぜ問題だらけの民主主義に人類はいつまでもし
がみつき続けるのか。――それは『民主主義が宗教だから』である!
学校では絶対に教えてくれなかった数々の真実を天才美少女生徒会長がやさしく面白くハイテンポにレクチャーする、政治入門書の決定版!

以上、02月01日(土)20代読書会in東京の開催報告でした

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*