オススメ書籍

思わず納得!高学歴≠成功のワケ

1番最初に必要なものは何か?

会社に入ってからも言われましたし、実業をしてからも言われたことがあります。それは、とても優秀な大学を卒業したり、難関な資格を持っていたりする人が必ずしも活躍していないということです。

当然、彼らは頭脳明晰ですし、人よりも記憶力が良かったり、ロジカルであったり、長所は沢山あると思います。

でも、必ずしも活躍してないですし、幸せな一生を送るわけでもないです。

何故なんでしょうか?

集中力があって、情報処理能力があって、ロジカルであれば、問題解決の最初の段階は難なくできそうな気がします。

実際に行動に移して、解決まで持って行けるかどうかは別にして、解決方法は考え出すことができそうです。

ところが、そこまでも到達できないことが多々あります。

その理由は、適切な問題を発見できていないからです。

学生時代は、学校の先生が問題を作成してくれていました。優秀と呼ばれる人は、先生が設定してくれた問題に適切な回答をする人のことを呼んでいました。

ところが、社会人になると、そういうわけにもいきません。

自分で問題を作り、自分で回答ではなく、解答を作らなければなりません。先生がいつまでも自分に問題を出し続けてくれるわけではありません。ましてや、上司が人生の解答を教えてくれることもありません。

自分の人生の問題は、自分以外に設定できる人がいません。

自分は、どういう人生を送りたいのか?

と自問した時に、多くの場合、「後悔しない生き方をしたい」と答えると思います。

では、後悔しない生き方には、何が必要なんでしょうか?将来、どういう問題が待っているのでしょうか?

それを考えるのは、自分しかいないわけです。問題解決を考える前に、将来を明確にして解決しないといけない問題を明示しなければなりません。

問題解決よりも、問題設定です。

 

日本人ではないアジア人の時代

経済って何?

突然ですが、経済って何だと思いますか?

経済成長していると言ったり、経済を測る指標としてGDPを使ったりしますが、経済を一言で表すと、何でしょうか?

GDPを見れば分かりますが、経済とは売上です。

例えば、GDPは国内総生産の略語ですが、それはつまり、1年間でどの位の売上が上がったかという意味です。

そして、売上とは消費です。

これは当たり前ですよね。売上が上がっているというのは、消費されたということと同義です。売り手から見るか、買い手から見るかの言葉の違いです。

では、消費というのは、どうやって決まるんでしょうか?

もちろん、製品力が高いから購買意欲が湧くとか、そういうこともあると思います。でも、ざっくりと言うと、消費総量は人口で決まります。つまり、お財布の数で決まります。

どういうことかと言うと、1億2千万人しか人口のいない日本では、腕時計が1年で10億本も売れるということは、ないわけです。

1人が1本ずつ持っているとして、6年に1回買い替えるとします。そうすると、腕時計は日本では2千万本位しか売れないんじゃないかと思います。(感覚的にざっくりと数字を出してみただけです)

ところが、中国に行けば、10倍売れることも十分にあり得ます。

その違いは、人口の違いです。

特にお財布を持っている人の数が重要です。収入のない低年齢層や、貧困層も消費に関係はありますが、大きく影響するのは中間所得者層です。

日本人では、もう生きていけない!?

では、アジアにおいて、日本の中間所得者層のシェアは何%あるでしょうか?

上で述べていますが、中間所得者層=経済力です。

ということは、日本の中間所得者層の割合が、アジアにおける日本の経済力を示すと考えても、間違いではないと思います。

2020年、日本の中間所得者層はアジアの中間所得者層の1%未満となります。

1%未満です。

2020年になれば、アジアの人口は40億人に到達すると言われています。つまり、世界の人口の半分はアジアになります。

そして、アジア全体の中間所得者層は20億人に到達します。

アジア全体は、2000年からの20年間で中間所得者層が10倍に増加するのです。

20代読書会_グローバルトレンド2030

上記の図は、Global Trend2030という米国大統領の政策決定のためのレポートの1部です。(オンラインで公開されています)

これは、世界各地域の経済力をグラフで表しているのですが、顕著なのは中国・インド・その他アジア地域の伸びです。

その反面、日本はプレゼンスを落としていく一方です。

2050年以降も仕事したり、収入を得たりということを考えれば、日本人という意識でいては尻すぼみになることが目に見えています。

アジア人として、活躍する時代が来たと思います。

 

アメリカナイズする!?日本のお金の未来

アメリカの現状は日本の未来か!?

アメリカの65歳以上にお金についての質問をしたところ、以下のような結果になりました。

豊かな生活をしている:1%
まあまあな生活をしている:4%
未だ働いている:5%
既に死亡している:36%
お金に困っている:54%

ダニエル・ピンク氏も著書の中で、アメリカの65歳以上の人のの貯金を調べたら、1/3は300万以下の貯金しかないと書いていました。

これらを読んで、どう思いますか?

日本に生まれてよかった。アメリカはやはり格差社会だなという感想を持たれる方もいると思います。

ところが、実態はそうではありません。アメリカはベビーブーマー世代が既に80歳を迎えようとしています。日本よりも、10~20年早いのです。

日本も多かれ少なかれ、アメリカと似たような社会状況になっていきます。

もちろん、今の日本の65歳以上は54%もお金に困っている人がいません。それは、ベビーブーマー(団塊の世代)が働いて、税金を納め、年金を払い、65歳以上の人達を支えてきたからです。

ところが、ベビーブーマーが定年を迎えつつある現在、65歳上を支える人が日本にはいません。

つまり、今まで現役世代に支えられて、「まあまあな生活」ができていた人たちが、「お金に困っている」層に一挙に落ちてくるのです。

本当にお金に困らない生活ができますか?

ここで、1つ質問です。

95歳で死ぬと仮定して、65歳からの30年間で、いくらのお金が必要になるでしょうか?

簡単ですね。1億円以上が必要になります。

夫婦で月30万。年間360万。30年×360万=1億円です。

月30万は、決して贅沢なレベルではありません。医療費も含まれていませんし、1億円は最低レベルだと思います。

では、定年までの間に1億円を貯金できますか?

今、30歳だと仮定すると、1億円を定年までに貯金するには、どうすればいいでしょうか?

これも簡単です。毎月30万貯金すればいいんです。

月30万。年間360万。30年×360万=1億円です。

つまり、普通に定年まで働いていたら、「お金に困っている」65歳以上の層に入るということです。「お金に困っている」人たちが、何か怠惰であったとか、浪費癖があったとかではありません。

普通の人が、お金がなくて困るようになるのです。

以上のことを考えると、65歳以上になっても、収入を得続けなければなりません。それしか、生きていく方法はないのではないかと思います。

では、自分が経営者だとします。

65歳の人材と、25歳の人材が求職してきたら、どちらを採用しますか?

職業にもよるとは思いますが、圧倒的に25歳が有利です。つまり、定年後に就くことができる仕事は、人が嫌がるような仕事が大半になるということです。

若者が希望するような仕事に就くことは難しいからです。仕事に優劣はないと思いますが、私は65歳を超えて、そういう未来が待っていると思うと、ぞっとします。

そうしたことを考えると、資産を形成して、資産からの収入を自分で作るしかないなと思います。

 

自分を磨くのに必要なもの

アスリートの会話

情熱大陸を観ていた時に、とても感銘を受けた会話がありました。

ドイツのシャルケに所属する内田篤人選手がスタメンに中々入れなかった時の会話です。その時に、サウサンプトンの吉田麻也選手とドルトムントの香川真司選手が遊びに来て、自宅で何気なく会話していたのですが、トップアスリートたる所以を感じた瞬間がありました。

実は、内田篤人選手は怪我をした時期と監督交代の時期が重なり、監督の選手構想から外れてしまったのです。その背景があって、「あの時に、怪我をしていなかったらな。スタメンからも外れてなかったかもしれないのに。」という発言をしていました。

その時に、「でもさ、たら・ればの話は止めようよ。しても、仕方ないよ。」と続きの会話を止めたのです。

普段から、こういう発言をしています??

例えば、呑み会で愚痴っぽくなった時に、「こんな会話止めようよ。」なんて発言します??

しないですよね。

何気ない会話だったのですが、さすがトップアスリートだなあと感銘を受けました。普段から、こうした考え方をしているからこそ、トップアスリートになれるんだろうなと思います。

・人は人に磨かれる

ダイヤモンドの原石は、宝飾品のような美しい輝きはありません。磨いて初めて、あの美しい輝きを放つわけですが、ダイヤモンドは非常に硬度が高いため、普通では磨けません。

ダイヤモンドはダイヤモンドで磨かれて、美しく輝くのです。(他の方法もあるみたいですが)

それは、人も同じです。人は一緒にいる人によって磨かれていきます。

内田篤人選手の例でも書いたとおりですが、自分の最も仲のいい友人が、内田篤人選手・吉田麻也選手・香川真司選手だったら…

間違いなく、トップアスリートですよね!

少なくとも、アスリートでなくても、何かの分野を極めるような人物になると思います。

つまり、自分がこの人に学びたいと思えるような人と、長く一緒にいることが大事!ということです。

 

厚生省の年金試算がふざけ過ぎ(笑)

本当は怖い年金の話

現在の若い世代で、年金がもらえるという期待をしている人は少ないと思います。ところが、メディアでも経済誌でも、年金は支払い続けた方が得だから、未納はせずに払い続けましょうということをよく言っています。

ちなみに、私は未納を推進しているわけではないです。滞納しても、強制執行で差し押さえられてしまうみたいですし。

でも、年金推進派の人は、嘘言い過ぎなんじゃない?という印象を持っています。

まず、厚生労働省は04年の年金改革で「100年安心プラン」を発表しました。その中で、年金を支払う現役世代が減少する少子高齢化を考慮しても100年間は年金制度が維持できるという試算を示しています。

でも、その根拠が問題です。

運用利回りが、4.1%に設定されているのです。

????

どうやって、そんな金利で運用し続けるつもりなの?(笑)

バブル再来を織り込んで、試算でもしているんでしょうか。

もはや、吹き出してしまうレベルの設定です。批判する気にもなれません。主な運用先になっている国債でも、金利が1%を超えるのは、20年以上のものだけなのに…

2000万の払い損

20代読書会_年金払い損

平均年収は750万円、平均寿命まで生きた場合、厚生労働省の発表値(名目利子率3.2%、賃金上昇率2.1%、物価上昇率1.0%)を使用して、学習院大学の鈴木亘氏が試算した年金の払い損です。

この前提でも甘いと思います。これだけ平均給与が下がっている日本で賃金上昇率2.1%というのは実現できないと思います。

そうした試算でも、1985年に生まれた人で、約2000万の払い損になります。もちろん、若い人ほど払い損は、どんどん膨れ上がります。

冒頭に記載したとおり、年金の未納を推進しているわけではありません。こうした状態であることを知らず、日本と自分の将来を盲信していることが危険だと思うのです。

しっかりと知識をつけて、自己判断で選択していくことが重要だと思います。

 

ディズニーランドを最初に見た人とは!?イメージしたことを実現する方法

ディズニーランドを最初に見た人

ウォルト・ディズニー氏の有名な逸話があります。ウォルト・ディズニー氏はご存知の通り、ディズニーの創設者です。

ウォルト・ディズニー氏は、兄のロイ氏と共に数百ドルと家を抵当に入れて用意した数千ドルの資本金でビジネスをスタートします。当時は、ガレージでビジネスをスタートしたのです。

そして、ミッキーマウスを始めとした、ヒットアニメを作り、歴史を創った偉人です。そのウォルト・ディズニー氏の最後の志がディズニーランドの建設です。

「大人と子供が一緒に遊べる空間」をコンセプトに、ウォルト・ディズニー氏の夢の実現が始まりました。

ところが、ウォルト・ディズニー氏は、ディズニーランド完成前に亡くなってしまったのです。遺志を引き継いだロイ・ディズニー氏は、ウォルト・ディズニー氏の部屋に残っていたメモ書きを元にディズニーランドの建設を進めていきます。

その残されたメモ書きには、非常に詳細に細部に至るまで、ディズニーランドのイメージが書かれていたそうです。

そして、ディズニーランドが建設された暁に、ディズニーランドの全貌を見渡しながら、「この光景をウォルトに最初に見せてあげたかったね。」と言われた、ロイ・ディズニー氏の答えが秀逸でした。

答えは、次のようなものでした。

「いや、この光景を1番最初に見ていたのは、ウォルトだよ。」

つまり、ウォルト・ディズニー氏はディズニーランドの建設前から、完成したディズニーランドを詳細にイメージし、その光景を夢見ていたんだよという意味です。

イメージしたことしか起きない

『7つの習慣』でも書かれていますが、世の中の物は全て2度作られます。つまり、1度目は頭の中で作られて、2度目は現実に作られます。

将来に対して、詳細に思い描いているイメージが驚くほど本当に現実になっていくのです。よいイメージを持っている人は、それを現実するために必要な手段・人脈・環境全てが手に入っていきます。

逆に、こんなものかなと将来に対して思っている人は、変わりばえのない将来が現実になっていきます。

だから、実現したい将来を詳細に・具体的にイメージすること、そして紙に書きだすことが非常に重要なのです。イメージしていることしか起きないのです。それは良いことも悪いこともです。

変化は早い!フイルムが分からない時代が来る

英断をした富士フイルム社

最近、富士フイルム社のアスタリフト(化粧品)の広告をよく見かけます。最初に見た時は、「富士フイルムが化粧品!?」と驚いた記憶がありますが、もう見慣れてしまいました。

富士フイルム社だけではなく、味の素社も化粧品を出していますし、ヤマダ電機社の子会社やニチレイ社、グリコ社、ヤクルト社なども化粧品を出しているみたいです。

ただのイメージですが、ヤマダ電機社も化粧品かあ…。ちょっとな…(笑)

富士フイルム社は、言わずと知れたカメラのフイルムメーカーです。ところが、数年前に会長が、フイルム事業だけでは生き残れなくなる時代が来ると感じ取って、業態変化を真剣に検討したそうです。そして、社内で所有している技術を洗い出して、化粧品業界への参入を決めたのです。

その結果、フイルム事業にこだわった米国のコダック社は倒産してしまいましたが、富士フイルム社の化粧品は売行き好調です。

もし、富士フイルム社もフイルム事業だけにとどまっていたら、今どうなっていたか分かりません。

常識は偏見、先見力は非常識

富士フイルム社は、何の会社?と訊かれた場合、

10年前に、化粧品会社と答えた人はいません。
ところが、10年後は、フイルム会社と答える人がいなくなるでしょう。

そして、いずれ「富士フイルムのフイルムって何のこと?」と訊かれる時代が来るようになるかもしれません。今でも、10代の方は物心ついた時から、写真とは携帯で撮るものであり、フイルムを使ったことがない人も多数いるのではないかと思います。

DHCが大学翻訳センターの略で、出版会社であってことを知らない人が多数になるのと同様に、数年後には富士フイルム社は化粧品会社そのものになっていくと思います。

他にも、DeNAが遺伝子解析事業に乗り出しました。Yahoo!やGoogleも同じように遺伝子解析事業に進出しています。

将来は、今では非常識なものが常識となっています。つまり、先見性があるということは、どの非常識が常識になるかを見極める力なのかもしれません。

逆に、常識的に考えて、そんなことは起きないという考え方は、ただの偏見に過ぎなかったというケースも多々起きると思います。

それだけ社会は変化しています。常識(偏見)を横に置いて、将来を見極める必要があると思います。

生産性を150%UPさせる方法とは?

Time is Money

誰もが知っている格言ですが、誰が遺した格言か知っていますか?

答えは、ベンジャミン・フランクリン氏です。

ベンジャミン・フランクリン氏って、誰だか分かりますか??

歴史の授業では必ず教えられる偉人ですが、覚えていない人も多いのではないかと思います。

実はベンジャミン・フランクリン氏は、アメリカでは100ドル紙幣の真ん中に印刷されている人物です。日本で言えば、1万円冊に印刷されている福沢諭吉氏のような存在です。

ところで皆さん、ベンジャミン・フランクリン氏の功績は何か知っていますか?

ベンジャミン・フランクリン氏の功績を見ていくと、とても重要なヒントが得られるので、ベンジャミン・フランクリン氏の功績を並べてみたいと思います。

まず、印刷業で起業をします。そして、フィラデルフィアでジャントー・クラブという会員制組織を作っています。今で言うところの、ライオンズクラブみたいなものですかね。

そして、新聞会社を買収して、18世紀のメディア王という異名で呼ばれるほどに成功していきます。

その後、公共事業に乗り出して、世界で初めて図書館を設立し、自警団の設立・消防署の設置、フィラデルフィア初の火災保険会社の設立、また街路舗装事業の立ち上げています。まず、事業家として成功したわけですね。

様々な事業を立ち上げると同時に、雷が電気であることを解明し、避雷針を発明しています。それだけではなく、グラスハーモニカ・ロッキングチェアーの開発、遠近両方眼鏡の開発などを行っています。科学者としても高名なのです。

凄まじいですね。只者ではないことが分かります。

ただ、ベンジャミン・フランクリン氏の功績はこれだけではないのです。むしろ、ここからの功績の方が重要です。

ベンジャミン・フランクリン氏は、政治家として最も有名です。米国建国の父と呼ばれ、アメリカ独立宣言の起草委員(全5人)の1人でした。そして、南北戦争の時には、外交官として活躍して、フランスからの協力を取り付けています。

その結果、あの有名な「自由の女神」がフランスから贈呈されているわけです。

1つの功績だけでも、十分歴史に残りそうなものですが、全て1人の人物が成し遂げたわけです。Time is Moneyの言葉に重みがあります。

では、一体どうしてこうした功績が残せたのでしょうか?

無から、34年間を生み出す

ベンジャミン・フランクリン氏は、もう1つ有名な功績があります。

が、その説明をする前に知っていただきたいことがあります。それは、ベンジャミン・フランクリン氏が多数の業績を残した秘密です。

80歳になった人が、何にどれ位の時間を使っていると思いますか?

ベットの中で過ごした時間:26年
仕事をしていた時間:21年
髭を剃っていた時間:228日
子供をしかった時間:26日
声を出して笑った時間:46時間

どうですか?

声を出して笑った時間の少なさに驚きますね。髭を剃っていた時間の1%もないわけです。もっと沢山笑った、楽しい人生を過ごしたいものです。

本題は、ここからです。

重要なのは、「何に使ったか分からない時間」です。

この時間は、何時間あると思いますか?

正解は、「34年」です。

なんと、仕事をしていた時間の1.5倍以上あるんです。

ベンジャミン・フランクリン氏は、この「何に使ったか分からない時間」を有効活用して、多数の業績を残したわけです。

そして、その際に使用していた時間管理のための手帳が、フランクリン・プランナーと呼ばれて、今でも販売されています。(7つの習慣でも推奨されている手帳です)

Time is Moneyを実践するには、何に使ったか分からない時間を減らして、有効活用することが重要です。単純に考えても、2.5倍は仕事をすることができます。

目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められている

営業の神様の至言

「目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められている」という言葉は、ブライアン・トレーシー氏の言葉です。

ブライアン・トレーシー氏を知っていますか?

自己啓発の本をよく書かれていますが、ホームレスのような無一文の状態から一財産を築き上げた営業の神様です。

そして、米国で起きた自己啓発(成功哲学)ブームの仕掛け人のような人でもあります。数多くの有名企業にコンサルタントとして関わり、多くの講演もこなしています。

そのブライアン・トレーシー氏が、「目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められている」ということを言っています。

私の解釈を付け加えておくと、世の中に目標を持っている方は沢山いると思います。会社勤めをしていれば、四半期ごとに目標設定をする会社が大半だと思いますし、学生時代は志望校を決めて受験勉強に励みます。

ところが、ブライアン・トレーシー氏の言うところの目標は、そのような目標のことではないと思います。

「どういう人生を生きたいか?」という目標のことを言っています。そして、その目標は自分の価値観に従ったものである必要があり、他人から定められた目標ではいけません。(刷り込みで思い込んでいる目標もいけません)

なぜなら、他人から定められた目標を達成することは、その他人の人生を生きていることに他ならないからです。

例えば、親が結婚して欲しいというから、結婚した。結婚相手も、親が「いい」という条件で決めたという人がいたとしたら、その人は親が望む結婚をしたということになりますよね。

志高く

孫正義氏がカンブリア宮殿で、高校生向けに送ったメッセージです。これを初めて見た時は、本当にシビれました。静かな語り口調なのに、孫正義氏の情熱がヒシヒシと伝わってくるようでした。

孫正義氏も、「厳しい時代だからこそ、目標を持つべき」と言っています。目標を持たない者は、目の前の現実を見ながらと言いつつつ、会社で給料をもらって終わる人生を送ることになる、と。

目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められているのです。

他人の人生ではなく、自分の人生を生きるべきだと思います。

エヴァンゲリオンを最後まで楽しむ基礎知識

最近、エヴァンゲリオン劇場版Qを観ました!今更ながらですが…

そうしたら、本当に付いていけなかった…。それなりに、好きなはずだったのに…。ショックです。

エヴァンゲリオンを観ていて混乱するのは、それぞれの登場人物の目的・スタンスが微妙に異なるので、複雑だからだと、Qを観ていて感じました。

例えば、人類補完計画を遂行したくて、使徒を殲滅しようとする人物もいれば、人類の平和のために使徒を殲滅しようとする人物もいて、違う目的でも途中まで同じ行動を取ることも多々あります。

そして、使徒=敵、ネルフ=味方みたいな単純な図式が成立しないところも、エヴァンゲリオンが混乱する原因だと思います。

なので、エヴァンゲリオンを混乱せずに楽しむために、自分の備忘録のために、エヴァンゲリオンの基礎知識をまとめておきます。

20代読書会_エヴァンゲリオンTOP

 

用語

《組織系》

ネルフ(NERV)
使徒殲滅、アダム再生計画、人類補完計画を推進するための国連直属の機関。

20代読書会_ネルフ

ゼーレ
宗教秘密結社。国連(人類補完委員会)を隠れ蓑に活動し、死海文書(使徒に関する予言が書かれている文書)を所持している。議長のキースは、人類補完委員会の議長を兼任。

20代読書会_ゼーレ

人類補完計画
ネルフの上位組織である人類補完委員会の指示の元に進められている。人類の欠落した部分を補い、「完璧な存在」にするための計画。噛み砕いて言うと、人のATフィールドをなくして、LCLに還元する計画。ちなみに、アダムが造った完全単一生命体が使途。人類補完計画には、アダム(第1使徒)・リリス(第2使徒)・ロンギヌスの槍・エヴァンゲリオンが必要とされている。
推進者;ゼーレ、ネルフ、碇ゲンドウ(本当の目的は、碇ユイに再会すること)

20代読書会_人類補完計画

《人物系》

使徒
人類の敵とされる存在。ネルフのセントラルドグマ(地下)に眠る巨人(リリス)を目指して進行してくる。ちなみに、第1使徒はアダム。第2使徒はリリスである。そして、第1使徒はアダムが、使徒を創造した。

20代読書会_使徒

アダム
第1使徒。生命の源。南極で発見され、ゼーレが卵まで還元しようと画策中にセカンドインパクトが起きた。ネルフのセントラルドグマに幽閉中とされているが、セントラルドグマにいるのは第2使徒リリス。

20代読書会_アダム

リリス
第2使徒。生命の源。ネルフのセントラルドグマ(地下)に磔にされているが、地球上の生命の元(使徒を除く)。そして第18使徒として、リリン(人類)を生み出した。また磔にされているリリスは魂が抜かれており、綾波レイの体に移植されている。

20代読書会_リリス

リリン
人類。第2使徒リリスが生み出した第18使徒。死海文書には、人類と使徒が地球の覇権をかけて争うことになると記されている。

20代読書会_リリン

エヴァンゲリオン
使徒を殲滅できる唯一の兵器。ところが、製造された真の目的は人類補完計画遂行のためとされ、第1使徒アダム、または第2使徒リリスから複製されている。

20代読書会_初号機

渚カヲル
ゼーレ(≒人類補完委員会)からネルフに送られてきた少年。第17使徒とされるが、第1使徒アダム。ゼーレが第1使徒アダムの魂を、人型の肉体に移植した。そのため、アダム由来のエヴァンゲリオンは全て操作可能。

20代読書会_渚カヲル

《その他》

LCL
エヴァンゲリオンのコックピット内に注入される液体。これは、第2使徒リリスの体液であり、生命のスープと呼ばれている。生命がATフィールドを完全に失った時に、LCLに還るとされる。

20代読書会_LCL

ATフィールド
「心の壁」。ATフィールドは絶対領域となり、物理的攻撃を中和する効果がある。詳しく言うと、ATフィールドはリビドー(生の欲求)のこと。生きたい!他人から自分を守りたいという欲求が防御壁になっている。

20代読書会_ATフィールド

アンチATフィールド
「死への衝動」。ATフィールドを中和することができる。こちらも、詳しく言うと、アンチATフィールドはデストルドー(死への衝動)のことであり、原始に戻りたいという欲求である。ちなみに、ロンギヌスの槍は、デストルドーの象徴であるため、生命の源であるアダム(第1使徒)とリリス(第2使徒)の活動も停止することができる。

20代読書会_アンチATフィールド

ロンギヌスの槍
ATフィールドを貫くことができる。デストルドー(原始への還元)の象徴。第1使徒アダムと共に、南極で発見された。生命のATフィールドを中和する人類補完計画にとっては、重要な役割を果たす。元々の意味は、処刑されたイエスの生死を確認するために、刺された槍のこと。このロンギヌスの槍は、イエスに刺される前は、カシウスの槍と呼ばれていた。(カシウスの槍は、エヴァンゲリオンではQで初登場)

20代読書会_ロンギヌスの槍

ガフの部屋
全ての生命の魂が入れられている部屋。ガフの部屋は2種類あり、黒き月(第1使徒アダム)と白き月(第2使徒リリス)がある。

20代読書会_ガフの部屋

《出来事》

ファーストインパクト
白き月(第1使徒アダム)が地球に漂流し、完全単一生命体である使徒を生み出した。その後、黒き月(第2使徒リリス)が衝突したことによって、起きた。その際、使徒は眠りにつき、リリスから人類(リリン)が生まれた。

20代読書会_セカンドインパクト

セカンドインパクト
南極で、第1使徒アダムを発見した人類(リリン)が使徒が目覚める前に、第1使徒アダムをロンギヌスの槍を用いて原始の状態に還元し、他の使徒の目覚めを防ごうとした。ところが、失敗して発生した。何故、他の使徒の存在を知っていたかと言うと、死海文書に予言が記されていたから。

 

スタンス

人類補完計画
推進:ゼーレ、碇ゲンドウ
赤木リツコ、葛城ミサト、エヴァンゲリオンのパイロット達など、他のメンバーは人類補完計画について知らされていない状態。そのため、賛成でも反対でもない。

サードインパクト
推進:ゼーレ、碇ゲンドウ
反対:葛城ミサト

 

関係性

アダム(第1使徒)→【創造】使徒(完全単一生命体)、アダム(第1使徒)→【魂を移植】渚カヲル

リリス(第2使徒)→【創造】リリス(人類)、リリス(第2使徒)→【魂を移植】綾波レイ=碇ユイの複製