オススメ書籍

野生のカマスになること、それがリーダーシップ

カマスの法則

カマスの法則というのを聞いたことがありますか?

ノミの法則や、小象の法則というのもありますが、同じような現象です。

カマスという獰猛な魚がいます。その魚を水槽の中に入れておきます。そして、そのカマスと同じ水槽の中に、エサになる小魚を入れるんです。
当然、カマスはエサを食べに行きます。そして、どんどんエサを平らげていきます。

そして、ここから実験スタートです。

カマスを水槽の右側に寄せて、中央にガラスの板を入れて、水槽を2つに仕切ります。
つまり、カマスが右側から左側に行こうとしても、ガラス板が邪魔をして移動できないようにしてしまうわけです。
その状態で、ガラス板の左側に、エサを入れて泳がせるんです。

どうなると思いますか??

ガラス板の向こう側で泳いでいるエサを見て、カマスはもちろんエサを目がけて一直線で進んでいきます!
ところが、ガラス板があるので、当然エサを食べることは叶いません。ガラス板に、ガツン、ガツンとぶつかるだけで、近づくこともできないわけです。

そして、ここから恐ろしいことが起きていきます。
何度も、何度も、エサを食べようとチャレンジしても、エサに近づいていくことができないカマス。

すると、そのカマスはエサが目の前で泳いでいても、食べに行くことを止めてしまうのです。
それだけではありません。邪魔をしていたガラス板を水槽から取り出しても、カマスはエサを食べに行かないのです!

これ、恐ろしい現象ではないですか?

この法則というのは、もちろん人間の行動を示唆しているわけです。
人間もカマスと同様に、「ダメだ」「ダメだ」と条件付けされたことは、本当は出来るのに、チャレンジできなくなっています。

ユニクロの柳井正氏が、「現実を視よ」という本を出版されています。

問題は、その副題です。

「ゴールドラッシュのアジアに取り残され、稼ぐことを忘れて、国を閉ざす日本人へ」

これが、その副題です。
つまり、柳井正氏から見れば、日本人全体がエサを食べられなくなったカマス状態だ、ということだと思います。

リーダーシップとは?

「リーダーシップ」、それはよく聞く言葉だと思いますが、実は日本には存在しない概念です。
(そして、マネジメントなどの概念と混同されて誤解されているシーンがよくあります)

このリーダーシップを、先ほどのカマスの法則の中で説明されている話を聞いて、とても納得感があったので紹介します。

まず、先ほどのエサを食べられなくなったカマス(日本人全員!?)は、どうしたらエサを食べられるようになると思いますか?

もう二度とエサを食べられないのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。ちゃんと、元の獰猛なカマスに戻ることができます。
その方法も、とても簡単です。

何をすればいいかと言うと、同じ水槽の中に野生のカマスを入れてあげればいいのです!

そうすれば、野生のカマスは、どんどんエサを食べに行きます。
その野生のカマスを見て、他のカマスたちも、エサを食べに行くことを思い出し、食べ始めるのです。

つまり、たった1匹でいいのです。たった1匹の野生のカマスを水槽に入れるだけで、全員が元の獰猛なカマスに戻ります。

これは、人間も同じです。
たった1人でいいのです。その1人が、周りの人間を次々と変えてしまうわけです。

柳井正氏は、ユニクロの売り上げを2020年までに5兆円にする、と宣言しています。
(ちなみに、現時点では1兆円ほどの売り上げですから、5年強で5倍にすると宣言しているわけです)
その内訳を見ると、日本は1兆円。その他4兆円はアジアを中心とした海外です。

つまり、柳井正氏は野生のカマスなわけです!

分かりますか?

この柳井正氏の行動が、リーダーシップなわけです。

もちろん、私も含めて、柳井正氏から直接教えを乞うことは叶わないわけですが、柳井正氏のような野生のカマスに出会うことが、先ず重要です。
そして、自分が野生のカマスとなり、周囲をエンパワーメントしていく(リーダーシップを発揮していく)ことが、大切だと思います。

 

経営者の金銭感覚

どんな人が贅沢をしていると思いますか?

「いい時計が欲しい」

「いい車に乗りたい」

「いい家に住みたい」

こうした欲求は、今の20代や30代の方は、以前と比べると少なくなってきているかもしれません。

でも、街を歩いている人を見ていると、格好いいスーツを着ている人や、いい時計、いい鞄を持っている人を見かけます。
女性の方であれば、美味しい食事や、エステなどのリッチな時間を過ごしている方もいらっしゃるのではないかと思います。

さて、そこで質問があります。

世の中で、贅沢をしている人たちって、どんな人だと思いますか?
もちろん、世の中には羽振りのいい経営者は沢山います。

5大シャトーのちゃんぽんを作って、飲むみたいな遊びも存在するみたいですし(笑)
それに、1か月の家賃が100万以上する高級マンションが、東京には何棟も存在します。さらに、1晩で何百万の高級娼婦もいるらしい…

ところが、一般的に苦労を重ねて、成功した経営者の方は、とても質素なお金遣いをしています。

聞いた話なので事実ではないかもしれないですが、小用を足す時は自宅のトイレではなくて必ず庭でするという、一部上場企業の社長もいるみたいです。
流す水を節約するため、だとか。
他にも、お金を下ろす時は必ず、当行のATMを利用するという取締役の方もいらっしゃるそうです。そのために、数百m歩くことになっても、手数料の節約を優先するそうです。

ローンを組むのは、サラリーマンの特徴!?

世の中をじっくり見てみると、気づいてくることがあります。それは、収入に見合わないお金遣いをしているのは、実はサラリーマンだということです。
(結構、ショック…)

例えば、5年、10年ローンを組んで高級時計を買ったり、35年ローンでマンションを購入したり、、、それは、サラリーマンの方が中心です。

事業を営んでいる方は、基本的にはローンを組みません。ローンを組んでも、長期のローンを組むことはありません。
なぜなら、35年もの長期にわたって、経済状況の変化を読み切ることはできないからです。それにも拘わらず、ローンを組むようなリスクは取れないと判断するからです。

もちろん、事業を営んでいる方だって、高級時計を買ったり、マンションを購入したり、贅沢をしたりしています。
しかし、それは基本的にはキャッシュ(現金)です。そして、身の丈にあったお金の使い方をしています。

(もしくは、損をしないローンの組み方をしています。この詳細は、秘密。)

つまり、50万のスーツを着ている経営者の方がいたら、その方は年収5000万くらいの稼ぎがあるということです。
年収1000万で50万のスーツを買ってしまうのは、サラリーマンの方が中心なわけです。

(もちろん、変な金遣いをする経営者だって存在していると承知していますが、そういう人は事業も上手くいかなくなることが多いと思います)
ちなみに、堀江貴文(ホリエモン)氏が、著書の中で、こうしたことを言っていました。

みんな無駄なものにお金を使いすぎるんだ。
ちょっと考えたら安くあげられるものに、わざわざ大金を払おうとする。それが粋だとも思っているのだろうか?

僕はほとんど、ものを買い替えたりしない。つい最近まで、18歳の時に買った炊飯器を使い続けていたし、経営しているバーにはずいぶん前に自腹で買ったプラズマテレビを置いていた。
画面の色が褪せてきて、買い替えたら?とお客さんに言われるまで新品にしなかった。掃除機も10年ぐらい買い替えなかったし、パソコンは6年前に買ったVAIOをそのまま愛用している。

(『君がオヤジになる前に』より)

どうですか?

この本を書いている時のホリエモンは、38歳です。炊飯器は実に20年近く使い続けていたわけです。
ライブドア事件で、逮捕されて個人資産200億円を没収されることになったわけですが、その社長の金銭感覚を知れたような気がします。

もちろん、豪遊して、とんでもない金額を使うこともあったんでしょうが、それは稼ぎに見合っているのだから、私は贅沢過ぎるとは思いません。
私は、今の収入の中で贅沢をするのではなく、贅沢が見合うだけの収入を取って、贅沢をするのが格好いいと思います。

 

凡眼には見えず、心眼を開け。好機は常に眼前にあり

藤田 田氏

藤田田氏は、ご存知の方も多いと思いますが、日本マクドナルドの創業者です。

そして、日本マクドナルドだけではなく、日本トイザらスやレンタルビデオチェーンの日本ブロックバスター、ネクタイの日本タイラックと多くの海外で成功したビジネスを日本に展開しています。

藤田田氏の影響を受けている経営者も多く、ソフトバンクの孫正義氏も高校生の時から尊敬していたそうです。
そして、何度もお願いをして、藤田田氏と面会する機会を得た孫正義氏に、「これからの時代はコンピュータだ。コンピュータを学びなさい。」と助言したそうです。

その時、孫正義氏は16歳(1974年)。つまり、今から40年前のことです。
16歳で藤田田氏に直接助言を求めて行動する孫正義氏の行動力や、情熱・意欲も並はずれていますが、今から40年前にITの世界に進むように進言した藤田田氏の先見性も驚くばかりです。

今の時代でも、IT業界にチャンスを求める人は多くいると思いますが、藤田田氏は40年前にITの可能性に気づいていたわけですから…

そして、2004年に亡くなった時の遺産総額は、なんと約490億円!日本人としては歴代10位に入る額だったようです。うーん、すごい…

「凡眼には見えず、心眼を開け。好機は常に眼前にあり」

これは、藤田田氏の座右の銘だったそうです。常に目に触れるように工夫をされていたそうです。

この格言の意味は、ハンバーガーを見た時に、何を思うか?ということだと思います。
普通の人は、「美味しい!」「安い!」「また来ようかな、ということを考えるのではないかと思います。

藤田田氏の場合は違っていました。「このマクドナルドを日本で展開すれば売れる!」と考えたわけです。つまり、消費者として捉えたのではなく、事業家として捉えたわけです。

もちろん、藤田田氏はハンバーガーを初めて見た日本人ではないです。藤田田氏よりも先に、ハンバーガーを見て、マクドナルドの存在を知っていた日本人は沢山いました。
しかし、マクドナルドを日本に持ち込もうとしたのは、藤田田氏が初めてだったわけです。

この捉え方の違いが、非常に重要だと思います。藤田田氏が言う通り、「好機は常に眼前にある」のだと思います。しかし、眼前に好機があっても、その好機を掴める人と掴めない人がいます。その違いは、捉え方の違いです。

同じ事実を見ていても、見えている世界が異なるのだと思います。私たち凡人に必要なことは、藤田田氏のようなものの見方・捉え方を学ぶことが必要だと思います。

何この突然変異!?500人に1本の直線をなぞらせてみた

 

素直な人vs素直っぽい人

この動画は、500人の被験者に、「前の人が書いた線を正確になぞってください」と伝えて実験されているようです。
最初の線は、ただ真っ直ぐに引かれた直線であったにも係わらず、最後はトンデモナイ形に変形していっています。

直線をなぞるだけなんて、そんな簡単なことでこんなことが起きるのか!?と思うほどの変化が起きてます。途中で、信じられないような突然変異も起きます(笑)

この実験動画の本当の意味は、遺伝子の突然変異を説明するもののようですが、別の意味を受け取ってしまいます。

それは、「素直な人」と「素直っぽい人」の存在です。

突然変異のように全く、前の人の線を無視しているとしか思えない人は別として、ほとんどの人は前の人の線をなぞろうとしています。

それは、人からアドバイスを聞けば、ほとんどの人が「うん、うん」と頷くのと似ているような気がします。
ところが、そのアドバイスを正確に受取っている人は全員ではありません。まして、実行に移す人となると、一層少なくなります。

そして、動画を観ていても分かりますが、本当に正確に前の人の線をなぞっている人もいれば、適当になぞっている人もいます。
少しの適当さの積み重ねがトンデモナイ結果になってしまっています。

このことは、直線を引くだけでなくて、先ほどのアドバイスの例も含めて普段の生活のあらゆるところで起きているんだと思います。
例えば、人の話を聞いた時、本を読んだ時…、などなどでです。

だから、同じ教材を使って勉強しても成績に差が出るし、同じコーチに学んでも戦績に差が出るのだと思います。

メッセージの受け止め方と、受取ったメッセージの実践の仕方が違うのだと思いいます。
直線をなぞるだけで、こんなに違いがあるわけですから、1冊の本を読んだ時など、天と地ほどの差が出てしまっても、納得です。

そして、その差の積み重ねが5年、10年と続いた場合、それはもう理解しがたい違いとなることは想像に難くありません。

素直になることの難しさと、重要性を感じる動画でした。

「自分は被害者」と思っている間は成功しない

コンビニオーナーに聞いた成功の秘訣

先日、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)を複数店舗経営している方にお会いして話を聞きました。今まで全く知らなかったですが、コンビニを複数店舗経営している人というのは、コンビニオーナーの中で非常に少ないらしいですね。

コンビニ経営って、複数店舗経営することに醍醐味があるのかな?なんて勝手に想像していたので、少し驚きました。それだけ複数店舗のコンビニを経営することは難しいということかもしれません。

ただ、そのお会いした方は上位数%に入る実績を上げられている方だったので、「なぜ、あなたは上手くいっているんですか?他のコンビニオーナーと何が違うんですか?」ということを質問させていただきました。

すると、とても面白い回答が返ってきました。

「何が違うんですかね?僕も普通にしてるだけなんですけどね。」という回答でした。

何の回答にもなってないじゃん!(笑)

と、思いましたか?

しかし、重要なことを教えてくれていると思います。複数のコンビニ経営が上手くいっている人が、「普通にやっているだけ」と語っているのです。これは、どういう意味でしょうか?

その人は、その他大勢の人と全く違う考え方(パラダイム)で世の中を見ているということです。全く違うマインドで経営をしているということなのです。

どういうことかと言うと、その人が「上手くいっていないコンビニオーナー」と同じ考え方をしていて、同じマインドでコンビニ経営をしていたら、複数店舗の経営をすることは「普通」ではありません。

なので、「何が違いますか?」と聞けば、「普通でないことをしている」という意識がありますので、スラスラと違いを列挙できると思います。

しかし、その方は、そもそものマインドが他のコンビニオーナーと全く違ったのです。違った故に、逆説的ですが、他のオーナーとの違いを即答できなかったのです。

つまり、「こういうことをしたら上手くいく」ということが分かっている人だから、「普通」にしていて上手くいくのだということです。

もっと端的に言ってしまうと、上手くいくマインドがあるから、結果が上手くいっているのです。

 

そこを何とか分かるように違いを説明してください!

上記で、コンビニ経営が上手く理由を書きましたが、そうは言っても「マインドが違うから。」では真似できません(笑)。私も、「普通にやってるだけなんですけどね。」という回答で納得できません(笑)。

そこで、さらに質問を重ねて聞いてみました。

「では、失敗していく人って何が原因だと思いますか?」

そうすると、これまたおもしろい回答が返ってきました。

「サラリーマンをやってる人が、起業の第1歩としてコンビニ経営を選択するパターンが1番上手くいかないことが多いですね。

コンビニ経営をしてみたら思ったより利益が出なかったとか、本部に払うロイヤリティが高いとか、税金を払わないといけないのにお金を使ってしまったとか、そういう風に失敗していく人が多いんですよね。

つまり、1プレーヤーでしかなくて、経営者になれていない人が多いと思います。マネジメントのことを考えてないんだと思います。」

こうした回答が返ってきました。とても面白いですね。

つまり、思ったよりも上手くいかなかった時に「自分は被害者」なんて思っていては上手くいかないということだと思います。「自分の人生は自分で切り拓く」という姿勢が大事で、「なぜか、こんな人生になってしまった」という考え方ではいけないということです。

つまり、いかにオーナーマインドを持っているか?ということが大切なのだと教えていただきました。こうしたことを、実績を積まれている方から教えていただけたことは、本当に貴重な機会となりました。感謝です。