目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められている

営業の神様の至言

「目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められている」という言葉は、ブライアン・トレーシー氏の言葉です。

ブライアン・トレーシー氏を知っていますか?

自己啓発の本をよく書かれていますが、ホームレスのような無一文の状態から一財産を築き上げた営業の神様です。

そして、米国で起きた自己啓発(成功哲学)ブームの仕掛け人のような人でもあります。数多くの有名企業にコンサルタントとして関わり、多くの講演もこなしています。

そのブライアン・トレーシー氏が、「目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められている」ということを言っています。

私の解釈を付け加えておくと、世の中に目標を持っている方は沢山いると思います。会社勤めをしていれば、四半期ごとに目標設定をする会社が大半だと思いますし、学生時代は志望校を決めて受験勉強に励みます。

ところが、ブライアン・トレーシー氏の言うところの目標は、そのような目標のことではないと思います。

「どういう人生を生きたいか?」という目標のことを言っています。そして、その目標は自分の価値観に従ったものである必要があり、他人から定められた目標ではいけません。(刷り込みで思い込んでいる目標もいけません)

なぜなら、他人から定められた目標を達成することは、その他人の人生を生きていることに他ならないからです。

例えば、親が結婚して欲しいというから、結婚した。結婚相手も、親が「いい」という条件で決めたという人がいたとしたら、その人は親が望む結婚をしたということになりますよね。

志高く

孫正義氏がカンブリア宮殿で、高校生向けに送ったメッセージです。これを初めて見た時は、本当にシビれました。静かな語り口調なのに、孫正義氏の情熱がヒシヒシと伝わってくるようでした。

孫正義氏も、「厳しい時代だからこそ、目標を持つべき」と言っています。目標を持たない者は、目の前の現実を見ながらと言いつつつ、会社で給料をもらって終わる人生を送ることになる、と。

目標を持たない者は、持つ者のために働くよう、一生定められているのです。

他人の人生ではなく、自分の人生を生きるべきだと思います。

【開催レポート】05月23日(土)20代読書会

日時:05月23日(土)09:30-12:00
参加者:20名(男性:11名、女性:9名 初参加:7名、リピーター:13名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:
東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分


05月23日(土)20代読書会


紹介いただいた本(抜粋)

2022―これから10年、活躍できる人の条件
著者:神田 昌典
20代読書会_2022―これから10年、活躍できる人の条件
マーケット感覚を身につけよう
著者:ちきりん
20代読書会_マーケット感覚を身につけよう
ものの見方検定――「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!
著者:ひすい こたろう
20代読書会_ものの見方検定――「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!
究極の判断力を身につけるインバスケット思考
著者:鳥原 隆志
20代読書会_究極の判断力を身につけるインバスケット思考
仕事は楽しいかね?
著者:デイル・ドーテン
20代読書会_仕事は楽しいかね?
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
著者:リンダ・グラットン
20代読書会_ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
マンガでやさしくわかるアドラー心理学
著者:岩井 俊憲
20代読書会_マンガでやさしくわかるアドラー心理学
7つの制約にしばられない生き方
著者:本田 直之
20代読書会_7つの制約にしばられない生き方

アンケートのコメント(抜粋)

いろんな考え方や感じ方を聞けるのですごく楽しかったです。(25歳・女性)
色んな業界の方と会えた。(24歳・女性)
色んな業界の方から、色んな関心に基づいた本を紹介していただき、価値観が広がった。(25歳・女性)
様々な人の考え方が伺えて、大変参考になりました。(25歳・女性)
色んな本の情報や知識、20代若者の考え方を学ぶことができた。(24歳・男性)
自分の中でどう分かり易く説明するか興味を引くような話し方ができるかということが課題だったのですが、プレゼンが上手な人の話を聞くことができ、方向性が見えました。(25歳・女性)

エヴァンゲリオンを最後まで楽しむ基礎知識

最近、エヴァンゲリオン劇場版Qを観ました!今更ながらですが…

そうしたら、本当に付いていけなかった…。それなりに、好きなはずだったのに…。ショックです。

エヴァンゲリオンを観ていて混乱するのは、それぞれの登場人物の目的・スタンスが微妙に異なるので、複雑だからだと、Qを観ていて感じました。

例えば、人類補完計画を遂行したくて、使徒を殲滅しようとする人物もいれば、人類の平和のために使徒を殲滅しようとする人物もいて、違う目的でも途中まで同じ行動を取ることも多々あります。

そして、使徒=敵、ネルフ=味方みたいな単純な図式が成立しないところも、エヴァンゲリオンが混乱する原因だと思います。

なので、エヴァンゲリオンを混乱せずに楽しむために、自分の備忘録のために、エヴァンゲリオンの基礎知識をまとめておきます。

20代読書会_エヴァンゲリオンTOP

 

用語

《組織系》

ネルフ(NERV)
使徒殲滅、アダム再生計画、人類補完計画を推進するための国連直属の機関。

20代読書会_ネルフ

ゼーレ
宗教秘密結社。国連(人類補完委員会)を隠れ蓑に活動し、死海文書(使徒に関する予言が書かれている文書)を所持している。議長のキースは、人類補完委員会の議長を兼任。

20代読書会_ゼーレ

人類補完計画
ネルフの上位組織である人類補完委員会の指示の元に進められている。人類の欠落した部分を補い、「完璧な存在」にするための計画。噛み砕いて言うと、人のATフィールドをなくして、LCLに還元する計画。ちなみに、アダムが造った完全単一生命体が使途。人類補完計画には、アダム(第1使徒)・リリス(第2使徒)・ロンギヌスの槍・エヴァンゲリオンが必要とされている。
推進者;ゼーレ、ネルフ、碇ゲンドウ(本当の目的は、碇ユイに再会すること)

20代読書会_人類補完計画

《人物系》

使徒
人類の敵とされる存在。ネルフのセントラルドグマ(地下)に眠る巨人(リリス)を目指して進行してくる。ちなみに、第1使徒はアダム。第2使徒はリリスである。そして、第1使徒はアダムが、使徒を創造した。

20代読書会_使徒

アダム
第1使徒。生命の源。南極で発見され、ゼーレが卵まで還元しようと画策中にセカンドインパクトが起きた。ネルフのセントラルドグマに幽閉中とされているが、セントラルドグマにいるのは第2使徒リリス。

20代読書会_アダム

リリス
第2使徒。生命の源。ネルフのセントラルドグマ(地下)に磔にされているが、地球上の生命の元(使徒を除く)。そして第18使徒として、リリン(人類)を生み出した。また磔にされているリリスは魂が抜かれており、綾波レイの体に移植されている。

20代読書会_リリス

リリン
人類。第2使徒リリスが生み出した第18使徒。死海文書には、人類と使徒が地球の覇権をかけて争うことになると記されている。

20代読書会_リリン

エヴァンゲリオン
使徒を殲滅できる唯一の兵器。ところが、製造された真の目的は人類補完計画遂行のためとされ、第1使徒アダム、または第2使徒リリスから複製されている。

20代読書会_初号機

渚カヲル
ゼーレ(≒人類補完委員会)からネルフに送られてきた少年。第17使徒とされるが、第1使徒アダム。ゼーレが第1使徒アダムの魂を、人型の肉体に移植した。そのため、アダム由来のエヴァンゲリオンは全て操作可能。

20代読書会_渚カヲル

《その他》

LCL
エヴァンゲリオンのコックピット内に注入される液体。これは、第2使徒リリスの体液であり、生命のスープと呼ばれている。生命がATフィールドを完全に失った時に、LCLに還るとされる。

20代読書会_LCL

ATフィールド
「心の壁」。ATフィールドは絶対領域となり、物理的攻撃を中和する効果がある。詳しく言うと、ATフィールドはリビドー(生の欲求)のこと。生きたい!他人から自分を守りたいという欲求が防御壁になっている。

20代読書会_ATフィールド

アンチATフィールド
「死への衝動」。ATフィールドを中和することができる。こちらも、詳しく言うと、アンチATフィールドはデストルドー(死への衝動)のことであり、原始に戻りたいという欲求である。ちなみに、ロンギヌスの槍は、デストルドーの象徴であるため、生命の源であるアダム(第1使徒)とリリス(第2使徒)の活動も停止することができる。

20代読書会_アンチATフィールド

ロンギヌスの槍
ATフィールドを貫くことができる。デストルドー(原始への還元)の象徴。第1使徒アダムと共に、南極で発見された。生命のATフィールドを中和する人類補完計画にとっては、重要な役割を果たす。元々の意味は、処刑されたイエスの生死を確認するために、刺された槍のこと。このロンギヌスの槍は、イエスに刺される前は、カシウスの槍と呼ばれていた。(カシウスの槍は、エヴァンゲリオンではQで初登場)

20代読書会_ロンギヌスの槍

ガフの部屋
全ての生命の魂が入れられている部屋。ガフの部屋は2種類あり、黒き月(第1使徒アダム)と白き月(第2使徒リリス)がある。

20代読書会_ガフの部屋

《出来事》

ファーストインパクト
白き月(第1使徒アダム)が地球に漂流し、完全単一生命体である使徒を生み出した。その後、黒き月(第2使徒リリス)が衝突したことによって、起きた。その際、使徒は眠りにつき、リリスから人類(リリン)が生まれた。

20代読書会_セカンドインパクト

セカンドインパクト
南極で、第1使徒アダムを発見した人類(リリン)が使徒が目覚める前に、第1使徒アダムをロンギヌスの槍を用いて原始の状態に還元し、他の使徒の目覚めを防ごうとした。ところが、失敗して発生した。何故、他の使徒の存在を知っていたかと言うと、死海文書に予言が記されていたから。

 

スタンス

人類補完計画
推進:ゼーレ、碇ゲンドウ
赤木リツコ、葛城ミサト、エヴァンゲリオンのパイロット達など、他のメンバーは人類補完計画について知らされていない状態。そのため、賛成でも反対でもない。

サードインパクト
推進:ゼーレ、碇ゲンドウ
反対:葛城ミサト

 

関係性

アダム(第1使徒)→【創造】使徒(完全単一生命体)、アダム(第1使徒)→【魂を移植】渚カヲル

リリス(第2使徒)→【創造】リリス(人類)、リリス(第2使徒)→【魂を移植】綾波レイ=碇ユイの複製

「あっという間」で終わらせたくない!人生のコツ

加速が止まらない人生

思い出して欲しいことがあります。

最近の3年間と中学の3年間、どちらの方が早く感じましたか?

最近の3年間の方が、早く感じましたよね。私も社会人になった時に、とても驚いた記憶があります。

何かというと、1週間が早いのです。「あれ?もう週末が来ちゃったの?」という感じで、1週間が過ぎていきました。

そして、その1週間を4回繰り返すと、給料日が来るのです。「あ、今月も給料日が来たのか。」と思いながら過ごしていると、いつの間にか夏が終わっていたというのが社会人1年目でした。

学生時代には、夏休みもありましたし、新たな友人もできたり、バイトを始めたりと生活に変化がありましたが、社会人になると、人間関係も日々の行動にも変化がほとんどないので、時間のスピードが加速していったのです。

そして、2、3年が過ぎると、もはや「時間が経つのが早いな。」ということも感じることなく、日々過ごすようになりました。

これが、30代、40代、50代となっていくと、より一層毎年が早く過ぎていくようになります。つまり、体感時間がどんどん早くなっていくわけです。

人生は、33年間

0歳から20歳までの体感時間を20年とします。

その時、20歳から80歳までの体感時間は、何年になるでしょうか?

答えは、13年間です。

非常に早いですね。体感時間が、なぜ加速して行くかというと、既に書いたように変化がないからです。

毎朝、同じ時間に起きて、同じ通勤路を使い、同じ場所でランチを食べる。仕事内容もドラスティックに変わるわけでもなく、毎週同じようなメンバーで呑みに行きます。呑むお店も同じで、会話の内容も変わりばえがありません。

そうした日々の生活の繰り返しが、体感時間を加速させていきます。

そこで、必要になるのが時間管理です。主体的に自分の時間を管理しようとしないと、「あっという間」に時間が過ぎていってしまいます。

社会変化のスピードも加速していますので、自分の生活も社会に合わせて変化させていかないと、社会についていけなくなります。

浦島太郎状態にならないように、時間管理を充実させていかないといけません!

【開催レポート】05月20日(水)20代読書会

日時:05月20日(水)19:30-22:00
参加者:7名(男性:4名、女性:3名 初参加:1名、リピーター:6名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:
東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分


       05月20日(水)20代読書会

紹介いただいた本(抜粋)

自由論
著者:ジョン・スチュアート ミル
20代読書会_自由論
察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
著者:五百田 達成
20代読書会_察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
僕は君たちに武器を配りたい
著者:瀧本 哲史
20代読書会_僕は君たちに武器を配りたい
天才! 成功する人々の法則
著者:マルコム・グラッドウェル
20代読書会_天才! 成功する人々の法則
「めんどくさい」がなくなる本
著者:鶴田 豊和
20代読書会_「めんどくさい」がなくなる本
怒らない技術
著者:嶋津 良智
20代読書会_怒らない技術
看板のない居酒屋
著者:岡村 佳明
20代読書会_看板のない居酒屋

 

腕時計業界にイノベーションの予感

第一のイノベーション

腕時計と言えば、代表的な装飾品ですよね。オメガ、ロレックス、タグ・ホイヤー、パティック・フィリップ、ブライトニングなど多数の高級時計ブランドが存在します。時計メーカーだけでなく、シャネルやカルティエ等のハイブランドも、高級時計を出していますよね。

そして、時計を大別すると2つに分かれます。それは、機械式とクオーツです。

機械式というのは、ゼンマイを巻き上げて動く時計のことです。ゼンマイは手巻きの場合と自動巻きの場合と、2種類あります。

機械式というと古い、昔の時計という印象の方も多いと思います。実際に、高級時計ではなくて普通に時計を購入する場合、機械式時計はほとんど販売されていないと思います。

なぜなら、クオーツ時計は機械式時計に比べて、圧倒的に時間のズレが少ないからです。機械式は1日10秒程の誤差が出るのに対して、クオーツは1ヶ月でも5秒程の誤差しかでません。つまり、時計としての性能は数十倍だったわけです。

このクオーツ時計は、1969年にセイコー社が開発に成功し、初めて世に出しました。そして、1970年代はクオーツショックと呼ばれ、クオーツ時計が席巻していきました。その間、機械式時計は壊滅的と言ってもいい位にダメージを受け、次々と消えて行ったそうです。

ところが、80年代になると、職人が作る機械式の価値が見直されるようになりました。クオーツ時計の技術革新が進み、価格がどんどん下がっていき、大人から子供までが持てるようになる一方で、機械式は高級時計の位置を確立していきました。

第二のイノベーション

そして、現在セイコー社が第二のイノベーションを起こそうとしています。それは、GPSソーラー腕時計です!

※動画は、カシオ社のG-SHOCKです。セイコー社を探したのですが、動画は見当たらなかったので…

何かというと、GPS衛星から電波を受信して、世界中どこにいても正確な時刻を表示できる腕時計を発売しました。時刻表時にかかる時間は、30秒から2分のようで、理論上誤差が出ることはありません。(誤差は自動的に修正されます)

さらに、その腕時計は、ソーラー電力で動くように設計されています。ソーラー電力で動く腕時計自体は以前からありましたが、GPS衛星から電波を受診して時刻を修正する機能を実装するには、今までの10,000倍の電力が必要になるそうです。

そのGPSソーラー腕時計を実現したのです。

半永久的に使うことができ、時刻がズレることもない腕時計の登場です。第二のイノベーションになるか楽しみです。

 

独立したくても、一歩を踏み出せない人への処方箋

「将来は独立を考えてます」

「将来は独立を考えています」「起業にも興味があります」という人は、とても多いです。もしかしたら、20代の半数以上は該当するかもしれません。

将来の選択肢として、会社勤め(結婚も)以外のことを考えておくことは非常に重要だと思います。

ところが、実際に会社を辞めて独立する人は、本当に少ないです。だらだらと現状を延長してしまう人が多いと思います。

なぜでしょうか?

それは、明確にしていないからだと思います。

何を明確にしていないかというと、サラリーマンを延長した未来と、独立した未来です。両方の未来を漠然に考えているように感じます。だから、だらだらと現状を続けてしまいます。なぜなら、現状を続けていても、生きていけるからです。

勝手に比較!サラリーマンと独立

【サラリーマンを延長した場合】

・メリット
初月から収入がある。実力がなかったり、社会人になったばかりで付加価値をつけられなかったりするような状態でも、会社で学びながら、収入を得られます。

・デメリット
定年がなく、働き続けなければならない。特に若い世代は年金がないでしょうから、第二就職・第三就職と、体力が続く限り、働き続けることになると思います。

運の要素が大きい。自分の努力で収入を上げたり、勤務地を決めたりすることができません。例外もあると思いますが、自分で決められない会社が大半だと思います。特に、出世は上司と運命共同体になることもあり、運任せな部分が大きいです。

制限が多い。服装・勤務時間・勤務地など生活の大半を会社に決められることになります。

【独立した場合】

・メリット
収入が青天井。自分で設定した目標の収入を目指すことができます。そこに制限はありません。1000万でも、3000万でも、1億でも、自分が好きなように設定することができます。そして、努力次第で実現できます。

自分でコントロールできる範囲が多い。服装・働く時間・働く場所など生活の大半を自分で決められます。もちろん、制限がゼロになるわけではありませんが、コントロールできる幅が広いです。

そして、引退の時期も自分で決められます。収入の質や資産の高によって、体力の限界まで働く場合もありますが、引退できる人もいます。引退できるかどうかは、自分が取り組む事業次第だと思います。

・デメリット
収入が約束されていない。サラリーマンでもリストラがありますが、それ以上に不安定な場合が多いと思います。売上を上げられないと、当然収入はありません。赤字を全く経験せずに、収入を取ることも困難だと思います。

私はサラリーマンと独立には、上記のような違いがあると思います。

ちなみに、堀江貴文(ホリエモン)氏はサラリーマンにメリットはないと断言されていました(笑)

上記の比較も、私の比較もバイアスがかかっていると思いますので、賛同できない部分もあるかもしれませんが、取りあえず私はこのように考えています。

つまり、一歩を踏み出せない人は、「独立したら、収入がゼロになる。そして、上手くいって収入が取れるようになるかも分からない。」というところで、立ち止まってしまうのではないでしょうか。

会社を辞めて独立したら年収3000万になることが約束されているのであれば、誰でも躊躇なく独立するんじゃないかと思うのです。

独立に興味がある人は、独立のデメリットを最小化するために、会社に勤めながら、別の手段でお金を稼いでみるといいと思います。

そして、ある程度自分でも稼いでいける(収入を伸ばしていける)目処を立てて、独立を本当に考えるのは、どうでしょうか?

独立したら、サラリーマンの収入がゼロになることは当たり前ですから、そこで立ち止まってしまうのは勿体ないと思います。

 

0.1%の領域に入るには!?

10,000時間で天才と呼ばれるようになる

世の中に、10,000時間の法則というものがあることを知っていますか?

マルコム・グラッドウェル氏が「天才!」という本の中でも紹介していますが、ある分野で天才・一流と呼ばれる領域に到達した人を調べてみると、すべからく10,000時間をその分野に費やしていたのです。

例えば、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏やApple社のスティーブ・ジョブズ氏も学生時代にITに10,000時間を超える労力を注いでいます。

イチロー選手が幼少の頃から、毎日毎日バッティングセンターに通った逸話も有名です。

ビートルズも売れ始める前に、1日8時間以上ステージに立ち続け、10,000時間を超えています。

その努力の目安が10,000時間なのです。

10,000時間を費やすには、1日3時間で計算すると、9年間かかります。(10,000÷365÷3=9)

1日8時間で計算すると、3年半になります。(10,000÷365÷8=3.4)

1日12時間で計算すると、2年強になります。(10,000÷365÷12=2.2)

いかがでしょうか?

もちろん、ただ時間を過ごすだけでOKというわけではありません。真剣さというか、本気度合いも非常に重要だと思います。

だらだらと10,000時間以上を過ごしていても、卓越した領域には到底入ることはできないと思います。

甲子園球児は、1日に10時間以上野球の練習をすると聞いています。上記の計算を参考にすると、大体2年半で卓越した領域に入っていきます。だから、高校3年目の夏を集大成と考えれば、理にかなっているように思います。

10,000時間は、0.1%の領域

では、なぜ世の中に天才・一流と呼ばれる人が少ないのでしょうか?

もし、 10,000時間を費やせばいいのであれば、3年から5年をかければ、誰でも卓越した領域に到達できるような気がします。

しかしながら、実際の世の中をみて見ると、卓越した領域に到達した人は、0.1%もいないかもしれません。

それに対して、ビル・ゲイツ氏が答えを教えてくれましたので、紹介します。

「一つのことに1万時間費やせばその分野にずば抜けて強くなる」という人もいるが、私はそんなに単純だとは思わない。実際には50時間を費やした後、90%が脱落する。好きになれない、向いていないという理由でだ。そしてさらに50時間費やした人の90%があきらめる。このような普遍的なサイクルがあるんだ。運だけでなく、続けるだけの熱意も必要だ。10,000時間費やした人は、ただ10,000時間費やした人ではない。自分で選び、さまざまな過程の中で “選ばれた人” なんだ。

つまり、50時間後には10%のみが残ります。次の50時間で、1%に絞られます。そして、残りの9,900時間をやり遂げられる人が、0.1%なのだと思います。

本当に、ビル・ゲイツ氏の言う通りだと思います。まだ何も始まっていないような段階で、諦めていく人が世の中の大半だと思います。

だから、最後までやり遂げられた人たちは、選ばれた人になるのだと思います。

考えたくもない日本の国家予算を家庭に置き換えてみた

年収500万円、借金1億円

2014年度の日本の国家予算は、いくらか知っていますか?

95兆8823億円です。

いかがでしょうか?

金額が大きすぎて、全くピンと来ない数字ですね。

ちなみに、内訳をみて見ると歳出(支出)は、社会保障費30兆円、国債費23兆円、地方交付税交付金16兆円、公共事業費6兆円、教育費5兆円、国防費5兆円、その他10兆円となっています。

一方で、歳入(収入)は税収50兆円、国債41兆円、その他4兆円となっています。

20代読書会_我が国財政を家計に例えたら
さて、上記で日本の国家予算の数値を書きましたが、ピンと来ないと思いますので、一家の収入と支出に置き換えて考えてみました。

まず、年収は500万円とします。日本人の平均給与よりも、少し高い位ですね。これが税収に相当します。

日本政府の場合、その一家の支出合計が、なんと950万円にも上ってしまう予算を立てています。

収入が500万円しかないのに、950万円も支出する予定を立ててるって、どういうこと????

それは、500万円の収入であるにも拘らず、450万円近くの借金をする計画を立てているということです。

恐ろしい…

そして、450万円の借金は今年1年に限った話ではありません。30年にわたって毎年借金を繰り返しているのです。

それだけではありません。借金をすると、利子が付きます。その結果、借金返済が困難になってきています。今年は230万円の借金を返却する予定です。

つまり、500万円の収入の約半分は借金返済に充てているのです。そして、さらに450万円の借金を追加で行う予定…

もう、一生借金地獄から抜け出せなさそうですよね。

そんなことを、30年に渡って行なっているわけです。借金総額は知りたくもない金額になっています。

どれ位かというと、1億円超です。

年収500万円、今年の借金は450万円、借金総額1億円…
この借金は誰が返していくのでしょうか?
財務省のホームページでは、「将来世代の負担」と書かれています。つまり、今の若者が負担せよということです。

 

もし、海外で携帯代理店が募集されたら…

3kgの携帯電話

携帯電話の初期と言えば、ショルダーフォンという肩からかけるタイプだったと聞きますよね。私も実物を見たことがないのですが、約3kgもの重さがあったらしいです。3kgと言えばMac Book Airの3倍重さです。

Mac Book Airですら、今ではi Padより重いから…なんて言われるのに。3kgの携帯電話なんて信じられないですね。そりゃ、肩からかけるしか持ち運びもできないですね。

そして、ショルダーフォンが最初に発売(レンタル)になったのは、1985年のことです。今から、実に30年前のことです。

そんな巨大で機能も今の携帯電話に比べれば、恐ろしくロースペックな時代です。とても、一般の人が持つような機械ではなかったようです。

当時、ショルダーフォンを持っていたのは、水商売か危ない人(反社会的勢力の方)しかいなかったと聞いています。

3000万で一生を買った

そんな、とても一部の人しかショルダーフォンを持っていなかった1980年代から90年代にかけて、携帯代理店は募集されたそうです。

代理店の契約料は、2000万?3000万だったと聞いています。(調べましたが、事実確認はできませんでした。間違ってたら、すみません)

携帯代理店の多くは、商社・携帯電話メーカー・自動車などの系列の法人です。ちなみに、私が社会人になって入社した会社の親会社も携帯代理店の事業を行っておりましたが、商社系の会社でした。

もちろん、契約料が大金ですし、ショップ店員を雇ったり、店舗を維持したりとランニングコストもかかりますから、携帯代理店は法人中心だったわけです。

ところが、実は個人で携帯代理店の契約を行った人たちがいました。例えば、地方の名家や、一部の芸能人などです。その人達は、現在とんでもない暮らしをしています。

なぜなら、毎月携帯電話使用料から、数%のロイヤリティが入り続けているからです。

現在、携帯電話の普及率は90%を超えて、100%に近づいています(2台持ちの人もいますからね)。その人達が、毎月5,000円から10,000円の携帯使用料を使っているわけです。そして、携帯代理店は、その携帯使用料の数%のロイヤリティを毎月もらうわけです。

もし、海外で携帯代理店が募集されたら…

もし、海外で携帯代理店が募集されたら、どうしますか?

その国の携帯電話普及率が未だ0.1%で、正に80年代の日本のような状態だったとします。その国に住んでいる人達は、将来ほぼ全員が携帯電話を持つ時代が来るなんて、夢にも思っていない状態です。

携帯代理店をやりますか?やりませんか?

やりますよね(笑)

何が何でも、やりたいですよね。

だって、今は0,1%の普及率だとしても、日本のように30年もすれば、100%近くまで普及すると予想できるわけですから。やらない手はないですよね。

80年代に、日本で携帯代理店に名乗りを上げた人達は、同じような気持ちだったのではないかと思います。

つまり、彼らが見ていたのは、ごく一部の人が使っているショルダーフォンという不便な現状ではなかったわけです。

彼らは、将来ほぼ全員が携帯電話を使い、毎月手元にロイヤリティが入ってくるようになるという未来を見ていたんだと思います。これが、先見性なのだと思います。