俺の○○成功の秘訣。

20代読書会_俺のイタリアン

業界の風雲児、俺の株式会社

最近、俺の株式会社が展開している俺のイタリアンや俺のフレンチが、とても脚光を浴びています。

これだけ難しいと言われている飲食業界で、2009年から坂本孝氏は飲食業界に参入し、2012年に俺の株式会社を設立。そして、2015年に俺の株式会社上場を予定しているそうですから、とてつもないスピードで成長していることが分かります。

俺のフレンチや俺のイタリアンは、食事に行かれた方はわかると思いますが、超高級料理が格安の値段で提供されます。こんなに美味しい料理は食べたことがない!というほどの味です。

これを実現しているのは、高い原価と腕のいいシェフのヘッドハンティングのようです。シェフというのは、スーパーシェフでもオーナーシェフ以外は年収1000万を超えることは稀だそうです。

俺の株式会社は、そのスーパーシェフを1000万などの高い給料で雇い、更に店舗の売上の一部をインセンティブとして還元しているのです。

そして、料理原価はなんと40から60%という驚愕の数字のようです。一般的な飲食店では20から30%と言われていますから、その高さは際立っています。

しかし、それでは店舗側にコスト(料理原価、人件費)ばかりかかってしまします。

そこで行っている工夫が、立ち食いスタイルです。

この立ち食いスタイルは、店のスペースを節約しているだけではありません。回転率を上げているのです。坂本孝氏がインタビューで言われていましたが、全店舗で4回転以上を実現しているそうです。

高級料理店では、1回転前後ですから、同じ値段であれば約4から5倍の売上になるということです。

そして、ざっくり言ってしまうと、値段を高級料理店の1/3や1/4としても、高級料理店よりも利益が出るということです。

その結果、低価格・高品質な料理をお客さんに提供しているわけです。

 

えっ盲腸の手術代が250万だって!?医療保険崩壊の行く末

20代読書会_医療費

盲腸の手術代知っていますか?

日本で盲腸というと、手術が必要な痛い病気というイメージだと思います。私も、盲腸と聞くと、小学校の時の友人が盲腸の手術を受けてたなあ位のことしか連想できません。

日本では国民皆保険ということで、全員が保険に加入しており、医療費は基本3割負担となっています。

そのため、盲腸の手術を日本で受けた場合、負担する金額は大体10万前後になるようです。

ところが、盲腸の手術が10万というのは、世界では常識ではありません

20代読書会_盲腸手術代

代表的な盲腸の手術代を並べてみると、このような金額となります。最も高額な場合は、250万となります!!

半端ないですね。

ちなみに、これは決して大げさに書かれているわけではなく、実際に盲腸の手術を受けて、55,029.31ドルを請求された請求書がネット上で公開されて話題となりました。

55,029.31ドルとは、当時のレートで約575万円です。

こんな請求書を渡されたら、手術した傷口も開いてしまいそうです(笑)

個人で健康に責任を取る時代

超高額な医療費について書きましたが、日本も無縁とは言えません。なぜなら、日本は言わずと知れた借金大国で、国は国民の健康に対して、コストを負えなくなるからです。

ちなみに、2012年に税金や保険料でまかなった社会保障給付費は109兆5000億に上り、内約54兆が年金、約35兆が医療費、約21兆が介護や福祉その他の費用でした。

この金額は、もちろん社会保険料収入を上回っており、不足分は国民が税負担をしているのです。そして、この社会保障給付費は2025年度には1.5倍に膨れ上がっていくと予想されています。

米国ではベビーブーマー世代が、日本のベビーブーマーよりも10~20歳年上ですから、医療制度に関しても、10~20年先を行っています

80歳を超えると、必要となる医療費が跳ね上がると言われており、2020年~2030年になった頃に、日本は今の米国と同様な医療制度になっている可能性も十分あると思います。

その中で、各個人が健康維持とその結果に対して責任を負う時代が来ます。

つまり、今のように健康・病気という2段階で心身の状態を捉えるのではなく、健康と病気の間に、未病(半健康)という段階を設けて、3段階で捉えるようになると思われます。

そして、その未病(半健康)の段階では、安価に行える自己責任の健康管理で、健康状態に戻す努力をするようになると思います。(医療は、病気にならないと、受けられないですから)

 

【開催レポート】07月01日(水)20代読書会

日時:07月01日(水)19:30-22:00
参加者:7名(男性:6名、女性:1名 初参加:2名、リピーター:5名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:
東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分


07月01日(水)20代読書会


紹介いただいた本(抜粋)

21世紀を生き抜く3+1の力
著者:佐々木 裕子
20代読書会_21世紀を生き抜く3+1の力
杏のふむふむ
著者:杏
20代読書会_杏のふむふむ
チーズはどこへ消えた?
著者:スペンサー・ジョンソン
20代読書会_チーズはどこへ消えた
マイケル・ポーターの競争戦略
著者:ジョアン・マグレッタ、 マイケル・ポーター
20代読書会_マイケル・ポーターの競争戦略
読んだら忘れない読書術
著者:樺沢 紫苑
20代読書会_読んだら忘れない読書術
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
著者:ダニエル・ピンク
20代読書会_ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

【開催レポート】06月27日(土)20代読書会

日時:06月27日(土)09:30-12:00
参加者:25名(男性:19名、女性:6名 初参加:8名、リピーター:17名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:
東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 6番出口 徒歩2分
東京メトロ日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩5分
東京メトロ東西線茅場町駅 4a出口 徒歩10分
都営地下鉄浅草線 人形町駅 A5番出口 徒歩7分


06月27日(土)20代読書会      


紹介いただいた本(抜粋)

これから10年、活躍できる人の条件
著者:神田 昌典
20代読書会_2022―これから10年、活躍できる人の条件
スティーブ・ジョブズ
著者:ウォルター・アイザックソン
20代読書会_スティーブ・ジョブズ
ウォルト・ディズニー すべては夢みることから始まる
著者:PHP研究所
20代読書会_ウォルト・ディズニー すべては夢みることから始まる
小学4年生の世界平和
著者:ジョン・ハンター
20代読書会_小学4年生の世界平和
フェイスブック 若き天才の野望
著者:デビッド・カークパトリック
20代読書会_フェイスブック 若き天才の野望
生き方―人間として一番大切なこと
著者:稲盛 和夫
20代読書会_生き方―人間として一番大切なこと
堕落論
著者:坂口 安吾
20代読書会_堕落論
魍魎の匣
著者:京極 夏彦
20代読書会_魍魎の匣
速さは全てを解決する—『ゼロ秒思考』の仕事術
著者:赤羽 雄二
20代読書会_速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術
全史×成功事例で読む 「マーケティング」大全
著者:酒井 光雄、武田 雅之
20代読書会_全史×成功事例で読む 「マーケティング」大全
フリーエージェント社会の到来
著者:ダニエル・ピンク
20代読書会_フリーエージェント社会の到来

アンケートのコメント(抜粋)

大人数で様々な話が聞けました。(26歳・男性)

知らない本を色々知れて興味が深まる。(25歳・男性)

様々なジャンルを聞けた。他の人がどう考えているのか知るのが楽しい。(29歳・男性)

参加者のモチベーションが高かった。(22歳・男性)

普段自分が読まない本を知ることができた。(24歳・男性)

様々な立場の人の考え方に触れられて良かった。(29歳・男性)

自分が知らない本の紹介を聞けた。(28歳・男性)

意識の高い方が多くて、驚きました。(24歳・男性)

色々な視点で本を見ることができ、視野が広がった。(29歳・女性)

朝活は21世紀の象徴!?人気急上昇のワケ

人と人とが直接出会うコミュニティへの渇望

インターネットとIT技術の進歩を基盤として、オンライン上のソーシャル・ネットワークが、物凄い勢いで世界中に広がっています。

その結果、10年以上会っていない小学校の時の友人が今何をしているのかをリアルタイムで知ることができます。そして、遠く離れた地に就職した大学の友人とコンタクトを取ることも容易になりました。

実際に、日本とベトナムと遠く離れていても、LINEでリアルタイムにコミュニケーションができますし、日本とタイでSkypeミーティングをすることも可能です。

しかも、それは巨大資本を有する企業ではなく、1個人が日常的に行うことが可能なのです。本当に驚くべき変化が起きています。

オンラインで人と人とが繋がりやすくなっている現在ですが、私は逆に直接出会うコミュニティへの渇望を一段と強く感じています。

2011年から毎週20代だけで集まる<朝活(読書会)を開催していますが、参加者は増加し続けています。最近は、30人以上になることも珍しくありません。SEO対策も十分になされていないような、このサイトからも毎週申込があります。

オンラインでのコミュニケーションが増えているからこそ、「人と人とが直接会ってコミュニケーションすることのメリットはデジタルに置き換えられるものではない」ということを、強く感じているのかもしれません。

20世紀はナイトクラブ、21世紀は朝活の時代

高城剛氏の『高城剛と考える20世紀、10の転換点』の中には、このような記載がありました。

これまでは仕事帰りに行くバーやナイトクラブでさまざまな創造が生まれてきたが、本来は真っ暗なスペースに、派手な電飾を持ち込んで電力を大量消費している様は、まさに前時代的な世界である。それよりも日が昇って早々に行動することのほうが人間として自然であり、いまや仕事の前に朝カフェで会うことが米国中のトレンドになっている。

20世紀の歴史は夜作られたが、21世紀の時代はきっと朝に作られるのであろう。

20代だけで集まる朝活(読書会)も、休日は9:30スタートですが、毎回参加者のエネルギーが満ち溢れた空間となります。

社外の人間で集まっているので、利害関係がないということもありますが、本音で話し合って、本当に笑が絶えない会となります。

不健康な夜から脱却して健康的な朝が有効活用されるのは、とてもいい兆候だと思います。

 

預金封鎖のリスクまで考えたら、何をすべきだろうか?

物騒な銀行の動向

日本は言わずと知れた借金大国です。2013年6月の時点で、国際発行残高や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」は1000兆円を突破しています。

一家の所得に例えて言えば、年収500万の家庭が年間に900万を使って、累積の借金が1億を超えてしまったというのが、日本の財務状況です。

この返し切れない日本の借金は、どうするのでしょうか?

考えられるシナリオは何パターンかありますが、過去の日本が実際に選択手段は日本国民の資産を没収するというものでした。当時、第二次世界大戦後の日本は新円切替を行い、莫大な戦費や戦後の借金を帳消しにしました。

第二次世界大戦後の敗戦によって物価高や金融統制が効かなくなり、インフレが発生した1946年、強制的に円の切替が発表され、翌日には預金封鎖が行われました。これにより、国民の資産は大きく失われました。

そういうことを書いても、そんなの過去の歴史の話で、現代で通用するわけがないと思っている人も多いのではないかと思います。

ところが、高城剛氏の『高城剛と考える21世紀、10の転換点』にこんなことが書かれていました。

国が借金帳消しを謀るとき、実際に行われるのが銀行からの預金引き出しを禁止、または金額を制限する預金封鎖だ。危なくなる雰囲気を感じとった利用客は施行前に銀行から預金を引き出そうと殺到し、銀行から現金を引き出せなくなるという取り付け騒ぎを引き起こす。

実は米国では2014年に入ってから、このような事態に備え、地銀11行が取り付け騒ぎ想定訓練を開始している。実際に騒ぎが起きた頃には、通貨に対する信頼は坂を転げ落ちるように下落していくであろう。

いかがでしょうか?

預金封鎖というのは、決して過去の話ではないのです。この話を友人の行員にしたところ、「実は、当行もも明日取り付け騒ぎの想定訓練をする予定だ。」と言っていました。

もっと、凄い話も沢山していましたが、ここに書くのは憚れますので、やめておきます。とにかく、根拠なき安心感は捨てて、世の中を見るということはした方がいいと思います。

生き残るためのリスクヘッジ

そんな日本に住む者として、何をすればいいのでしょうか?

もちろん、私たちにできることはリスクヘッジしかありません。財政破綻や経済危機は、どんなに予想しても的確に言い当てることはできません。

その予測不可能なリスクに対応するためには、事前に備えておくことが必要だと思います。日本円だけで資産を持っておくのは、リスクが高過ぎると思います。なぜなら、円が紙切れになってしまう可能性があるからです。

そこで辿り着いた私なりの現時点の回答(リスクヘッジ)は、アジア地域を含めてビジネス資産を持つ、でした。

少なくとも、会社勤めでしかお金を稼げない状態というのも、非常に危険です。その意味で、自分で稼げるようになることも1つの資産となります。

そして、今後経済成長が始まるアジアでビジネスを展開して、資産を持つことができれば、それが最も安全なリスクヘッジになると思います。

 

【開催レポート】06月20日(土)20代読書会

日時:06月20日(土)09:30-12:00
参加者:17名(男性:13名、女性:4名 初参加:3名、リピーター:14名)
参加費:500円(会場での現金支払い)
会場:東京都中央区日本橋の公共スペース
アクセス:
東京都中央区日本橋浜町3-17-1

東京メトロ日比谷線人形町駅 A1番出口 徒歩15分
東京メトロ半蔵門線水天宮前駅 4番出口 徒歩9分
都営地下鉄新宿線浜町駅 A2番出口 徒歩5分


 06月20日(土)20代読書会

紹介いただいた本(抜粋)

1000円ゲーム —5分で人生が変わる「伝説の営業法」
著者:江上 治
20代読書会_1000円ゲーム —5分で人生が変わる「伝説の営業法」
伝える力
著者:池上 彰
20代読書会_伝える力
7つの制約にしばられない生き方
著者:本田 直之
20代読書会_7つの制約にしばられない生き方
技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか―画期的な新製品が惨敗する理由
著者:妹尾 堅一郎
20代読書会_技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか―画期的な新製品が惨敗する理由
シリアル・イノベーター 「非シリコンバレー型」イノベーションの流儀
著者:アビー・グリフィン、レイモンド・L・プライス、ブルース・A・ボジャック
20代読書会_シリアル・イノベーター 「非シリコンバレー型」イノベーションの流儀
バカになるほど、本を読め!
著者:神田 昌典
20代読書会_バカになるほど、本を読め!
読んだら忘れない読書術
著者:樺沢紫苑
20代読書会_読んだら忘れない読書術
つっこみ力
著者:パオロ・マッツァリーノ
20代読書会_つっこみ力
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
著者:ダニエル・ピンク
20代読書会_ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

アンケートのコメント(抜粋)

多様な話が聴けた。(26歳・男性)

たくさん良い本を知ることができ、いろいろ考えさせられる話を聞けた。(27歳・男性)

今日もいろんな視点の話がきけて面白かったです。(25歳・男性)

本を読んで精読するきっかけになった。(26歳・男性)

本を紹介すること、紹介される両方を体験でき、気づき、学びを得られました。(23歳・男性)

5分で分かる、日本企業が苦戦する本質的理由

game overではなく、game change

先日、ちきりん氏の「自分の頭で考えよう」を読んでいた時に、とても示唆に富んだ一節を見つけました。

日本企業は、与えられたフィルターの中で一番に選ばれるための商品を開発することにはとても優れているのに「今までになかった新たなフィルターを消費者に提示する」ことが必ずしも得意ではない、ということです。

ビジネスの世界では、この「新たな選択基準=新たなフィルターを提示する」ことを、「ゲームのルールを変える」といいます。従来は価格と機能で競い合うゲームだったのに、明日からはデザインでの競争がはじまる。もしくは、今までは機能の多さで競っていたのに、ある時から機能の少なさ(=商品のシンプルさ)が競われることもあります。これが「ゲームのルールが変わる」という状態です。

自らルールを変えることなど思いつきもせず、従来のルールの中で必死に勝利を目指すのもひとつの方法でしょう。しかしそれは時に、果てしなき消耗戦につながります。

この文章を読んだ時に、連想したのが、i Phoneです。正にi Phoneは携帯電話のgame changeを行ったのです。

まだ記憶に新しいi Phoneの登場ですが、フレッド・ボーゲルスタイン氏の「アップルvsグーグル」で、その実態を以下のように書いてありました。

アップルは発売後二日で二十七万台のi Phoneを売った。最初の六ヶ月でさらに三百四十万台を売り、多くの人は、i Phoneが携帯電話業界を永遠に変えてしまったと結論づけた。

いま振り返ると、初代i Phoneが打ち立てた記録は、当時考えられていたよりはるかにすばらしい。たしかにデザインも機能も革命的だったが、初代i Phoneには良くない点も多々あったのだ。まず基本モデルが四百九十九ドルというのは高すぎる。市場に出まわっていたほかのスマートフォンは、事実上どれもその半額以下だった。消費者はi Phoneのために多額の違約金を払えば、キャリアを変更するか、携帯電話サービスを解約することができた。安価な端末の場合、二年間一つのキャリアを使い続けなければならない契約だった。しかし、その縛りから解放されるために二百五十ドル以上払う価値があっただろうか。多くの人は、ないと考えた。

つまり、i Phoneは、今までの携帯電話が戦ってきた機能と価格というgameを完璧に塗り替えてしまったのです。価格面でも非常に割高で、今までの携帯電話が搭載していた高速の通信、GPS、動画撮影、バッテリー・メモリ増強のような機能さえも初代i Phoneにはなかったのです。

それでも、斬新なタッチスクリーンと完全なブラウザ、グーグル・マップ等の新機能と、美しいデザインという新たなルールのgameを展開したことにより、歴史を塗り替えてしまいました。

日本に求められる競争力

1945年の第二次世界大戦終戦以降の世界経済を見ていくと、あることに気づきます。

第二次世界大戦前に繁栄していたのは、英国です。ところが、直ぐにその繁栄は米国に取られて、英国は苦難の時代を迎えます。

その後、ブレトン・ウッズ体制で1ドル=360円と定められた日本の製造業が隆盛してきます。破格の円安体制の中、日本が世界の工場となっていきました。

ところが、その日本も経済発展とニクソン・ショックに伴い、製造拠点を海外に移行せざるを得ない状況となりました。最近では、韓国、台湾、中国が製造業で経済発展を遂げています。

そして、日本は失われた20年の苦悩の真っ只中にいます。

一方で、英国と米国は金融工学とITの発展で、復活を遂げました。(金融はリーマンショックで弾けましたが…)

製造業で隆盛する国が、英国→米国→日本→韓国・台湾→中国と遷移しているのには、理由があります。それは、高い教育により、均質化された労働者と安い賃金という条件があれば、高性能・低価格を実現できるからです。

つまり、同じルールの中で、game overを目指す戦いなのです。

ところが、そのルールで戦えなくなった国は、英国と米国が金融とITという新しい産業を生み出したように、game changeで生き延びていくしかありません。

日本も同様です。なぜなら、1ドル=360円という円安も、安い労働力も、もはや過去のものだからです。そして、将来その強みを再び手に入れることはできないと思うからです。

だから、均質化された労働者を生み出す教育ではなく、孫正義氏のような人物を何人輩出することができるか、新しい産業を生み出し、game changeをしていくことが日本の生きる道だと思います。

 

知ってはいけないお金の仕組み。経済大国が借金大国になる理由。

経済大国は借金大国!?

この話を書くか書かないか、非常に悩みました。この話は普通に考えたら、怪しくて受け入れられないんじゃないか?と思ったからです。

確かに、よく陰謀論と結び付けられて語られることが多くて、怪しい話になりがちなんですが…。もちろん、その陰謀論の中にも真実があるかもしれませんので、その陰謀論がダメだとも言えないです。

ただ、今は陰謀論とは切り離して考えていきたいと思います。

日本は有名な借金大国です。50兆円程度の税収に対して、借金総額は1000兆円を超えています。500万の年収に対して、借金総額1億円以上という状態です。これはすごいですね。破綻するのが目に見えているような状態です。

では、他の経済大国の財務状態は、どうなのでしょうか?

実は、アメリカもイギリスもフランスも経済大国は、借金大国なのです。

対GDP比で見ると、日本の財務状況の悪さは際立っていますが…

20代読書会_対GDP借金ランキング_G8

なぜ、経済大国と言われる国は借金大国なのでしょうか?

ここで、ゴールドスミス物語という動画を観ていただきたいと思います。この動画、かなり怪しい作りですが…。お金の成り立ちを学ぶには非常に良い動画だと思います。

経済大国が借金大国となる理由を分かっていただけましたでしょうか?

あんまり書くと、深みに入って抜け出せなくなりそうなので、この記事はここで止めます。

さらに詳細を知りたい方は、「地球プラス5%」というドキュメントを読んでみてください。WEB上に無料公開されています。とても参考になります。

すべての悩みを解決する、とてもシンプルな方法

今の自分=過去の経験+知識

今の自分は、何で構成されていますか??

冷静に考えて見ると、今の自分を構成しているものは、過去の経験と知識です。これ以外のものは知りませんし、分かりません。

ちなみに、人はなぜ読書をするのでしょうか?

読書をする理由は、簡単です。人生が80年しかないからです。

もちろん、娯楽のための読書もありますが、そうではない読書は、人生が有限だから行うのだと考えています。

解りにくいと思いますので、浮気を例にとって考えてみます。

浮気をしたことがない人でも、浮気をしたことがない、という人が大半だと思います。それは、浮気をしたら、どういう顛末が待っているかが予想できるので、抑止力が働いているのだと思います。

これは、読書や友達の話・TVなどで擬似体験をしているから、浮気をしなくても、浮気をしたらどうなるか?ということが分かっているわけです。

だから、人は読書をするのだと思います。自分の頭の中だけで考えて、実体験だけで経験値を上げていくと、到底たどり着けない境地に、読書をすることで、辿り着けるからです。

そうして培った知識や疑似体験を含めて、今の自分=過去の経験+知識となると思います。

正解は、自分の外にある

今の自分=過去の経験+知識ということから考えると、重要なことが分かります。

現状に対して、何らかの不満や課題があり、答えが分からない状態である場合、答えをどんなに考えても、正解を考え出すことできないと思います。

なぜなら、過去の経験と知識の中では正解が解らないから、不満を抱えていたり、課題で悩んだりしているわけですから。

だから、人は悩んだり、不満を感じたりすると、人に相談をしたり、読書をしたりするのだと思います。

そういうことを行って、擬似体験や知識を増やそうとしているのです。そして、答えを探そうとしているのです。

ところが、ある本の中に耳が痛い文章がありました。

世の中の多くの人が上手くいっていないのに、なぜ人はその多くの人にアドバイスを求めるのだろうか?

という文章でした。その通りですね。今の自分=過去の経験+知識という図式は、自分だけに当てはまっているわけではありません。

それは、相談相手にも当てはまっているわけです。だから、相談されている相手の中にも正解がないことは多々あります。

もちろん、相談相手に悪気はないと思いますが、相談する相手次第では正解に辿り着けないことも多々あるということだと思います。

正解は、適切なところを探さないと見るけることができないものなのだと思います。