開催レポート

08月07日(土)開催!20代読書会@オンライン

あした死ぬかもよ

今回は「あした死ぬかもよ?」がMVP賞でした。

人は、なぜかみな、「自分だけは死なない」と思っているものです。

でも、残念ながら、みな、いつか必ず死にます。それを受け止めることこそ、「生」を輝かせることにつながります。自分が「いつか死ぬ身である」ということをしっかり心に刻み込めば、自分のほんとうの気持ちに気がつき、もっと自分らしく、人生を輝かせることができるのです。

続きを読む

07月31日(土)開催!20代読書会@オンライン

今回は「上京物語」がMVP賞でした。

成功を夢見て上京した青年、祐介。

いい暮らしがしたい。かっこいい車に乗りたい。自分の家が欲しい。誰もが思い描く「理想の人生」を追い求めていたはずだったのだが……

大きな希望に胸を膨らませながら人生のスタートラインに立ったのに、みんなが当たり前だと思っている常識に流されて生きていくうちに、いつのまにか夢を忘れ、「こんなはずじゃなかったのに……」と後悔する。

続きを読む

07月27日(火)開催!20代読書会@オンライン

若者たちのニューノーマル

今回は「若者たちのニューノーマル」がMVP賞でした。

ごく普通の会社員・渡辺正太(49歳)。2020夏のコロナ禍において、 見た目だけがZ世代(21歳)に変身するという、 「ありえない」 事態に襲われました。

本書は、なんとか20代前半のコロナ禍の「ニューノーマル」に適応しようと、悪戦苦闘する彼の姿を通し、イマドキの若者の消費や働き方、SNS事情、恋愛・結婚や家族関係のリアルを、ストーリー方式で読み解く、「若者生活・体感型」マーケティング本です 。

続きを読む

07月24日(土)開催!20代読書会@オンライン

ソース

今回は「ソース」がMVP賞でした。

ワシントン州のある上院議員が確立し、アメリカで多くの人々の生き方を根本的に変えたプログラム「ソース」。

「ワクワク」とは「個性」の別名であり、「ワクワク」を生きることは「自分らしく」生きることだという。そこにはあなたの人生を劇的に活性化させる「奇蹟の力」が宿っている。これが21世紀の生き方のスタンダードになる!

続きを読む

07月06日(火)開催!20代読書会@オンライン

多動力

今回は「多動力」がMVP賞でした。

「石の上にも三年」「真面目にコツコツ」が評価される時代は終わった――。インターネットの到来で、ありとあらゆるモノがつながった今、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」を持った人間が求められている。一度に大量の仕事をこなす術から、1秒残らず人生を楽しみきるためのヒントまで。堀江貴文ビジネス書の決定版!

続きを読む

07月03日(土)開催!20代読書会@オンライン

ライフピボット

今回は「ライフピボット」がMVP賞でした。

「議論で新結合を生み出す」を活動ビジョンに新しい職業とコミュニティを生み出し続けている黒田悠介氏による「人生100年時代の転身術」。

人生が長期化した反面、わたしたちのライフスタイルはむしろ短期化し、かつてのように1つや2つのゴールを目指すような未来は描けなくなりました。変化の早い激動の時代にあっては、いくつもライフスタイルを転換(ピボット)しながら生きることが当たり前になりました。

続きを読む

06月29日(火)開催!20代読書会@オンライン

20代は残業するな

今回は「20代は残業するな」がMVP賞でした。

20代の過ごし方で人生は決まる!
世の中には、自分の成長に結びつく“スジのいい仕事”と“スジの悪い仕事”がある。まわりに流されることなく、自らの頭で考え“スジのいい仕事”を選び取っていくことが、成長への近道だ。

続きを読む

06月26日(土)開催!20代読書会@オンライン

お金の減らし方

今回は「お金の減らし方」がMVP賞でした。

お金を他人のために使ってはいけない

・お金はもともと仮想のもの
・お金は社会が保証したもの
・お金は価値を測る物差し
・価値は誰のためのものか?
・自分の欲求をよく知ることが基本
・値段が価値ではない
・ものの値段に左右されない
・お金がないからできない?
・自分の満足を得ることが最終目的
・他者のためにお金を使う人たち
・価値を見極めるためには?
・自分の欲求をよく知ることが基本

続きを読む

06月22日(火)開催!20代読書会@オンライン

世界観をつくる

今回は「世界観をつくる」がMVP賞でした。

クリエーティブディレクターの水野学氏、著述家の山口周氏による白熱対談!

ビジネスで最も必要なのは「世界観」だ。それは消費者に向けて物語と未来を提示できる、知性と感性を融合させた”最強のビジネススキル”である。注目の2人が放つ新しい仕事論。

続きを読む